前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

チミモウリョウを越え行くポエム 

999604_683576864990670_1071938498_n.jpg

少年時代、私がもっとも惹かれたポエムは、それを読み切った時、
「頭のてっぺんから、足のうらまで貫く感動がある」と言ったところにある。
コトバがもつ抒情の問題とか、リズムの問題でなくて、ただ、ノーテンンから全身を貫く、表現し得ない感覚、電波のようなものだった。
この感動、万葉集、和歌、俳句にあったというものでもなかった。
自己が生きる社会の状況を感覚的に含むものとしてそれはあったというしかない。
私の生れ育った朝鮮は、魑魅魍魎という、どこまでも不明の部分があって、そこが魅力をもつものであったのだ。
人間の思考や化学が発達してそのチミモウリョウも逐一説けたように見えるが、その解明は、チミモウリョウを一層増加させ、ただ盛大化するものだった。
宇宙を一層巨大化して、その存在が問われたように現実に存在するすべての事象は、解明するほど、一層、巨大化するものなのだ。
現在、ウツ病が流行。いよいよそれを尨大化させている。
つまり、こまかいところまでコトバを普遍化してもコトバを散文化するようなもので、散文化するとき、もっとも大切な、生きる、そのよろこびを失うという、必然を生むものなのだ。
実際、人間にウツ病を尨大化させているのは、人間が考え方を決めてしまったこと、それは、思想、宗教、哲学を誤ってしまったことが根源にある。
私にとって、朝鮮での体験が、生きるものとして、その生きた動物的なもの、生命が輝くものと見たように、人間も生きること自体が輝くことだった。
芭蕉が談林から蕉風に至って、それが現実を越える夢としてあったように、時代を越える夢はヘキゴトーにもあった。
変革そのことに、時代の夢も存在するということだ。
ヘキゴトーのいう、「国境をもたない」主義は、いろいろの山をとりこんで、それを散文に分類することではなかった。科学するところにも、それを盲信した過大な過ちの指摘ではなかったか。
無限大といっていい宇宙というものも真空の只中。このように思うとき、人間とか動物が、地球に大気があって存在するもの、と気付く筈だったのだが・・・。
ホント異常なのは、人間の歴史、人間の文明とか文化といったものが、尨大な実質を科学、散文などで、細分化したところを信じてしまって、生命そのもの、生き物そのものの命を見失ったことだろう。
ヘキゴトーの言う「国境はない」感覚は、人間の感じ方、考え方が、どのように細分化しようとも、細分化したことを信用しないということだ。
日本が世界でもっとも短いポエムをつくり出したのは、夢を賭ける夢として、空に書かれた落書き。また、夜空を駆けあがって、一瞬の稲光のように輝くものであったのではないか。
ポエム、それはチミモウリョウを越えて行くもの、だから、常にチミモウリョウを含んだものでなければならないのだ。
最後に最近の私の試行を記録しておこう。

・あのジジイゴト串刺「日本(ザンギ)」

・ひをすねびはぴねすおび

H25/2/20 来空

PageTop

来空評「はらしめしちょうはみてる」

862137_614488881899469_1795478843_n.jpg

はらしめしちょうはみてる (狸人)

原っぱを占めた蝶?腹を締めた腸?
どっちで読んでも、どのように解釈してもよいのだ。ポエムのコトバは、散文ではなくて韻文だから…。
ポエムはイメージも意味も拡大する。
ここを日常において、腹を締めた市長が、何をみたか、と感覚することもよいことなのである。
このようにポエムのコトバが、むしろチミモウリョウ側にあるとするとき、そこに高揚された現実感、リアリティがある。
現実で、かえって、イキイキとよみがえるものが、ポエム。散文の力だから…。
芭蕉の「古池」が「古い池」ならば、古い時代を充分にとらえて、新しい夢におきかえたところに、ポエムがあったように、私 蝶を見て行く必然が現実ではないか。

(2013/2/22)

PageTop

来空評「くろう しろうあかピンク」

979762_653402151341475_1602162212_n.jpg

くろう しろあかピンク (豆丹)

ポエムを散文で読んでは、現代のポエムを見失ってしまうだろう。
作者は、苦労しているのが白、赤、ピンクと決めたいのではなかった。
碧梧桐は昭和初めに「鵜」を宇宙の「宇」として扱ったように、作者は「黒」を苦労としていない。青、黄、緑、紫などの色をあつめてかき回すと黒一色になるのが事実なら、「黒」は宇宙を意味するかも知れない。
白、赤、ピンクと選択したところが、若さかも知れないが―ことに青、緑を加えたいが―このように決めたところに、若い決断と、明晰と見ることが出来よう。
このように色を見分ける生き物は特殊かも知れない。宇宙に存在する全物質は、その暗黒世界でも、イキイキと、唯、存在するものだから…。この一句、現代の絶唱である。

(2013/2/22)

PageTop

写真の紹介

DSCN1554.jpg

裸足で歩いています。

DSC_0032.jpg

電車にて。

DSC_0030.jpg

DSC_0027.jpg

DSC_0028.jpg

来空が事務所に使用していたアパートが取り壊しのため、引っ越しました。記念に。

DSCN1482.jpg

長い付き合いの、劇団娯楽天国 座長さんと。

DSCN1495.jpg

今後ともよろしくお願いいたします!

PageTop

2012.11

912174_621677427847281_680891974_n.jpg

907105_621677421180615_1809248380_n.jpg

907224_621086094573081_1170646207_n.jpg

次回リトルポエムは6月29日(土)13:00~16:00頃
武蔵野公園のくじら山付近で行います!


武蔵野公園:JR「武蔵小金井」北口から京王バス 調布行き「武蔵野公園」下車すぐ
もしくは多磨霊園または多磨町行き「多磨町」下車 徒歩3分。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index056.html
くじら山(公園の左(西)の方):http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map056.html

★バス停からくじら山が少し遠いので、武蔵小金井駅南口から徒歩もおすすめです(20~30分)
大体の地図:http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&biw=1057&bih=606&q=%E5%B0%8F%E9%87%91%E4%BA%95%E5%B8%82%E5%89%8D%E5%8E%9F%E7%94%BA%E4%BA%8C%E4%B8%81%E7%9B%AE&wrapid=tlif130309981118711&um=1&gl=jp&resnum=1&ie=UTF-8&hq=&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B0%8F%E9%87%91%E4%BA%95%E5%B8%82%E5%89%8D%E5%8E%9F%E7%94%BA%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE&gl=jp&ei=jL2rTb38EYySuwP95rmUCg&sa=X&oi=geocode_result&ct=image&resnum=1&ved=0CB0Q8gEwAA

*雨天の場合は喫茶店かファミレスで行うことになると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなものは詩じゃないと言う人がいても、
「これはいい詩なんだ」ってことを、
みんなに言ってかないとだめ。
子どもの詩は、日本語自体に素直に関係している。


●11月の作品
(2012年11月24日豆丹宅にて)
その日急に始まりました^^;せっかくなので載せます。

・2と反るドアとる外(そと)に <回文> (来空)

・古(こ)にマン 掏摸(スリ)寸間(スンマ)ニコ <回文> (来空)

最近のマンガはあらゆることがが入り込んじゃってる。

・巣バに無 お無にバス <回文> (来空)

・棺桶だ。綿毛(ワタゲ)、音が <回文> (来空)

・いつもやるお亀拝めショー辺  (来空)

・今日明日来る祝お亀ショー  (来空) 

・棺桶!たわけ音かけた  (来空)

・あ、とる外(そと)になにと反るドア <回文> (来空)

・的とすバに あおむバス  (来空)

・みにくいさ み いくさ  (狸人)

・かみさき いくさだんご  (桂久爾)

元:かみさきゆ いくさたんご
「いくさだんご」の方がいい。
僕が団子にこだわってるのは、言葉として効果を感じてるのは、
「かみさき」と言ったらだんごの方がコタえる。「ゆ」は取っちゃった方がいい。

・はなひらニコそよ  (桂久爾)

元:はなひらにこそのよ
「にこ」はカタカナにした方がショックがある。

・かさわにきくかお  (桂久爾)

大成功してる。

◆◆◆こどもの詩(ひびき6歳、めぐむ3歳)◆◆◆

・さような ら ピリカ  (ひびき)

「さようなら」は「さような○ら」と変えると面白くなる。
「左様な裸」。はだかがいっぱい出てくる。

・さきに いってね みんな   (ひびき)

子どもの発想。言葉自体がキラキラとある。

・かんかんかん せんろをかくす   (ひびき)

「かんかんかん 線路をかくす ひびきふみきり」
でも面白い・

・すいすいあひる かわいいね   (ひびき)

・かわいいな ピンクのみちだ!  (ひびき)

ピンクの道って今までないから。

・きれいな いろが あつまる ひびき   (ひびき)

・かげからにらめっこ にてるねひびき   (ひびき)

・ゆーぐれ きれいな おそらだよ   (ひびき)

素直な子どもが言葉と関係する時。

・かぜかぜふくとぼうしがとんでいく   (ひびき)

561460_620966344585056_2351844_n.jpg


・ひこうきといっしょにぼくといっしょにスピード  (めぐむ)

・くるまパン めぐむ  (めぐむ)

・はやいな ぷっぷー  (めぐむ)

559472_620966431251714_1709029630_n.jpg

・ぶたがここにいた  (めぐむ)

・ぶたのおなかがいたい  (めぐむ)

13384_620966517918372_2010698391_n.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。