前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

空をはさむかに死にをるや雲の峰

M39

空(そら)か空(くう)かをハサンだという把握が、切れ字「や」でいったん、その関係をとらえながら、ソラかカラッポかの、そのどちらでも差し支えないといった声調で、最終的には、雲の峰を据えたとも言えよう。

│―3―│―3―│―――7―――│
│そらを│はさむ│かにしにをるや│

その四拍子は、三三七拍子にも読める力が働くが、等時拍リズムは、読む時間を均しい時間で読む習慣(キマリ)だから

│―――8――――│―――8――――│
│そらをはさむかに│しにをるや○○○│

とも働いている。蟹がハサンだものは「雲の峰」だという働きもともなうもの。
コトバは膠着語だから、どのコトバともくっつきながら、声調とともに意味をも自由に変革するものととらえることが大切。


*空をはさむ蟹死にをるや雲の峰
http://pirkashow.blog63.fc2.com/blog-entry-55.html
*クウをはさむかに死にをるやクモのミね
http://pirkashow.blog63.fc2.com/blog-entry-58.html
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。