前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

転結を置かぬ詩多し冬籠

M39

この句は、短歌の一方的、習慣的なリズムに転結を求められるもの・・・つまりは、三三七拍子から手締めの手拍子の断念に至らねばならない、作品は転結に篭らねばならない、という自覚でもあったのだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。