前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あれなまこ游ぐ進むか退くか

あれ?なまこが泳いでいる!という驚き。
オドロキがオドロキのまゝ、コトバになるのが詩。
泳ぐなまこが進んでいるか、しりぞいてくるかよりも、動きそのものが興味。
「国境はない方がいい」と小学生時代に唱えた碧梧桐ものぞいている。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。