前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

唄をうたふ子うたはずにあれ一人になれば

S2年作

 唄をうたう子 (7音)

がいた。唄をいっしんに唄っているのだ。
しかしながら

 うたはずにあれ (7音)

唄っていない人であれ、唄わないでおれ。というのは、

 一人になれば (7音)

一人になった時の沈黙時間も貴重な時間というような碧梧桐の意思ではなかろうか。

子どもに教訓を垂れるようなことではない。詩を詠う自らへの問いかけ。そのリズム推移(7x3=21音)は自然に自己内問答として響きあっている。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。