前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2011.3-4

1010 037

次回リトルポエムは5月14日(土)13:00~16:00頃
武蔵野公園のくじら山付近で行います!


武蔵野公園:JR「武蔵小金井」北口から京王バス 調布行き「武蔵野公園」下車すぐ
もしくは多磨霊園または多磨町行き「多磨町」下車 徒歩3分。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access056.html
くじら山(公園の左(西)の方):http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map056.html

★バス停からくじら山が少し遠いので、武蔵小金井駅南口から徒歩もおすすめです(20~30分)
大体の地図:http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&biw=1057&bih=606&q=%E5%B0%8F%E9%87%91%E4%BA%95%E5%B8%82%E5%89%8D%E5%8E%9F%E7%94%BA%E4%BA%8C%E4%B8%81%E7%9B%AE&wrapid=tlif130309981118711&um=1&gl=jp&resnum=1&ie=UTF-8&hq=&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B0%8F%E9%87%91%E4%BA%95%E5%B8%82%E5%89%8D%E5%8E%9F%E7%94%BA%EF%BC%92%E4%B8%81%E7%9B%AE&gl=jp&ei=jL2rTb38EYySuwP95rmUCg&sa=X&oi=geocode_result&ct=image&resnum=1&ved=0CB0Q8gEwAA

*雨天の場合は喫茶「フロンティア」で行います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○4月の作品来空評(2011年4月16日(土)、武蔵小金井 喫茶「フロンティア」にて)


●題:津波、日本

・やみつなみああたえたいいちだ  (来空)

与えたい。耐えたい。
いい(大)地だ、血だ。
つなみは闇と同じようにやってきた。

・うまれすっぽんうごケバうみうんぱん  (来空)

すっぽんはすっぽんぽんのこと。
「う」みには50~60のいろんな意味がある。

・おおやみをゆるしたなみやおよろず  (来空)

大闇を許したのは波。自然の闇。

・つなみゆるすやみかかえるやおよろず  (来空)

・八百万津波闇往来言霊  (来空)

上の句を漢字にしたらこうなるだろう。
「往来」は「ゆるす」と読ませたい。

・人間不在波おろかなんにもない。  (来空)

「新聞不在」でもいい。
「よみうり」とルビふってもいい。

・つなみはるかなぜ  (桂久爾)

素直なかたち。人間の精神状態が掴みやすい。
人間の回復力を感ずる。力がある。

・うんで卵つづける  (桂久爾)

う…宇、鵜、産、膿、倦、熱など
こういう句がわかるかどうかはこれからの時代の言葉の問題。

・涯(はて)、ひとり残した海岸  (桂久爾)

一つの情景的なところを率直に出してきてる。うまい。

・やめ、やめて、おお海よ  (桂久爾)

そういう感情、人を包み込む大きな愛のようなもの。
原始的な、元々ある力。
今までの短詩形にはない。新鮮。

・おもいでとめてけれ  (ひづる)

思い出は重たいものでもあんのよ、
思い出、重いもの、蹴っ飛ばせ。
こういうことを言うことまでが短詩形であったことを皆忘れてる。
「おもいで東北とめてけれ」
にすれば人々がわかるものになるけれど、そう言う必要もない。
(三月十一日より)と最後につけるだけで十分。

・カイメツ。生きる。オセン。生きる。ソウシツ。生きる。生きる。  (うるか)

「生きる。生きる。」があまり効果ない、でも詠ってることは悪くない。
前半は「カイメツ、オセン生きる。」の方がよい。

・さきさかれ、さかれえぬもん。咲く。  (うるか)

「さきさかれ」はいいよなあ。「さかれえぬ」これもいいなあ。
後半は一つ目の。をとって「さかれえぬもん咲(ひら)く」にしたい。

・根なしらろうばい。草しのぶ。 (うるか)
 
「根なしら」面白い。その分「草しのぶ」が当たり前に感じちゃう。



◯以下は地震直後の句です。

・やおよろずさけぶ地球(つなみ)しわだった  (来空)

「しわ」…死、皺、和、輪 立った。

・ド頭日本ド津波尽した  (来空)

・おおつなみ日本(やまと)あらわるやおよろず (来空)
 
・資本(ウツケ)共産(タラズ)ノ蒙昧突ケバ倭(やまと)魍魎(こんとん)ヨシ  (来空)

「魍魎」の魍…網状。魎…養う、培う。
わけのわからん霊を含んで養ってく。未知なものを養う。
「ヨシ」は僕の中ではなくていい、説明のため。

・生きた必然(つなみ)!不易がない流行(メデア)埋めた  (来空)

・文明文化(ガレキ)あらわれた大津波日本を見よ  (来空)

・つなみ闇かがやく怒濤生死を問わず  (来空)

・列島(やまと)捻転(よじる)八百万(やおよろず)文明文化(ガレキ)ふるいおとした  (来空)

・文明文化(ガレキ)ミジン。日本は人類の未来示そう  (来空)

・地球存在(やおよろず)文明文化(ガレキ)の中赤ン坊誕生  (来空)

・つなみやおよろずやみ往来(ゆら)すことだま  (来空)

・叫ぶ魍魎イキイキ力帯びる赤ン坊  (来空)

参考:今年の年頭作品
「ポ・ポエム 赤ン坊地球ピッカピカ」

・地球もたず走る資本(ウツケ)よ滞(こお)る共産(タラズ)よ  (来空)

・ナミ、ホーシャノート咲く  (来空、久爾合作)

・はるかしかばね ゆきふむなみ  (桂久爾)

元:はるかしかばねつぐつなみ ゆきふむ
「つぐつなみ」これ自体はいい。言葉だが雑音。
いいものが3つつながっちゃってる。どっちかにしないと。

・ガレキ ダ・ダー ヒトクズレ  (桂久爾)

元:ヒトクズレヤマハガレキ ダ・ダー
良い句になって行く可能性。
もっと鮮やかにやれば。

・神裂いて猛ける津波よ  (桂久爾)

「猛ける」は邪魔。
「裂いて」は「咲いて」に。

・水を!廃墟に津波  (桂久爾)

元:響く廃墟に水を!
津波で廃墟になったところに水を!なんてこと誰が言ってる?
僕はすごいと思う。

全体的にもう一度整理する事。
この人は、感覚が新しい。ただしそういうものが整理されていない。
まとまってない時にはすごさ、こわさがある。

・みがわりわがみミナツナミ <回文> (ひづる)

素直ないい句。それでいて新鮮、こういう句はなかった。
詩も血と同じ。常に新しいものを作って行く。
自分を犠牲にすることも自分の身。
あらゆるものが波持ってる。必然的な流れ、そういうもの含んでる。


「今回の震災、映像を見たらびっくりして声を失う。
日本が見える。外国が見える。世界が見える。地球が見える。全部が馬鹿に見える。
この状況では、オレみたいに常識がない人間じゃないと作品なんてできない。
原爆の時は、声を失うどころじゃなくて、勉強が全くできなくなった。」
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。