前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

言霊の調べ vol.1 report

DSCF8072.jpg

尺八・城戸菖童(きどしょうどう)
短詩・來空(らいくう)

2009.5.20(水) 於・喫茶フロンティア

○城戸菖童…琴古流尺八竹童社本曲研究会幹事
東町在住

「今夜、吹奏いたします”転菅垣(うたたすがき)”や”虚空鈴慕(こくうれいぼ)”は、虚無僧尺八の入門編である琴古流尺八本曲36曲の中にある曲です。
聴いていただく方々には曲の意味がよく分からないと思います。吹奏者の方も何なのかよく分かっていません。
吹奏者自身が灌木の茂る深い林の中に迷い込んで帰り道が分からなくなってしまうような感じです。
來空さんの短詩の吟詠の声を道しるべに、今日は勇気を持って林の中に分け入ってみようと思います。」

○來 空…詩人・河東碧梧桐研究家
前原町在住

「“ことばにある魂が人間を助ける”と、大昔に人麻呂は言っています。言霊とは、人間を突き動かす生命の声・響に関わるものです。
調べとは、自然に発する音響、人間の声でもあり自然の声でもありましょう。
そして今、私たちはこの時代に生きて、地球の悲鳴にも耳を傾け、言霊の力を再び感じて、よりよく生きたいものです。」

1.たまかぎるの章
http://www.youtube.com/watch?v=K_reoXCZQsc(動画)

・誕生(たまきはる)われを盗んでほほえんで
・ほや?できたてのぼーや「ほやほや」
・あ、あらふ赤ちゃんふるまさめ
・た、たまきはるややこてろやぎ
・そら、めくるめるわらべづかみに
・おくたまおつるたまのふなおさ
・おきておくたまこひおつあかね
・みなかみかひはたまいれいさご
・たらちねたまだすきまそかがみ
・船ごとふな霊ふねのふをふふふ

2.むすめむすこの章
http://www.youtube.com/watch?v=GsRLwfwvd9c(動画)

・眠る眠り眠るごろんと真っ赤な眠り
・飯粒ふみつけておどろく暑い夜の父
・子の歯生え揃い稲田かるがる行く荷車
・ほたほた赤ん坊機嫌雪よふれふれ
・振り子おもいのでおもい赤ん坊
・てわたすややこちのおとを
・ひだかひらくひあらたなるかな
・おそらくは一千万光年の青空ひづるよ
・木のはなさくやひだかひづる空
・わらべ転びはるかを老いぬ
・ちがさくやたいこすなつまおら
・むすめむすことゆれてねむるな
・まむさくむげんついたちのはな
・やわらかなちんぽこおのこの道草よ
・おうなむいておきなよ
・うめうめ一りんの先祖血と参ろう

3.いきとしいきての章(動物篇)

・鳴きながら飛びながらあっちこっち見ている鳥
・テント虫が虹を登ってる
・なわのれんぶらりんとんぼみたいにへーい
・ころんと豚人間の崖をころげ出る
・川底の田螺よろよろ動く極楽ありそうにない
・せせらぎせせらぐ小さい蛇と僕いのちある限り
・鵯(ひよ)の頭脳に流れている一本の川
・やさしやないか鶏の瞼で駱駝立つ
・おてんと沈む力はらからなきよる牛
・青蛙ペコペコ アルミでアルマイト
・おやをしゅめいる越中雀隠し
・とてつない河馬の日没頻繁な哨兵
・鳥に鳥つく鳥とぶ形なければ
・空ねこぴいまんたまぬきまねき
・どかんと浮かぶ魚で手も足も出ん
・イルカもしかしていないナイルをでるでしょう
・しっくだてふ肉体は葉(よう)なるなあ
・鯨と出会う街 波 へへへ んんん
・峠は馬をたぐりなランプのきれめ
・馬が牛がえるぱその雨蛙かよ
・馬でかπがまくれる
・中(まる)橋宙やコブラを踊り

4.いきとしいきての章(生活篇)

・大根すぽすぽぬける何故こんなに青い空なのか
・ぐーんぐーん空が凧をひっぱる僕もひっぱる
・まるくてどんぐりは一つ一つくるしみをもっている
・みやげの羽二重餅を下げ雨の日汽車に乗る
・あったかいのは弁当一つだ
・ポンポン戦死するように爆ぜまくるぎんなん
・僕が生まれた家が戦いのなかに熟れる
・家の中の階段暗くしてみんなで眠る
・縄を垂らしにんげんに回復する垂直
・めさるるおすとうやとんねる
・あねもねぶっそうげに翔つはいもうと
・せむまい せむ へあー せんねんぷれい
・あ、たまに手あげるおかしな川
・あおによきおうめひとつをぬれてせむ
・ましろなあうらじょうもんふぶき
・ひふひしとひとえはらわたうるめ
・われさきにあめふってほくそえんでるぞーん
・凪せんや一夜さ獏をあおふぶき
・ふりむきまんでぇ のだいこあそび
・「あ」と「め」がせっくすして「あめ」になったの
・ぬばたまあおによしわだつみをしてる
・青すっぽんみるくあんたのマンスリー
・かんじょうせんをさかなでてなみはたつかな
・つんつむつむつむおとこはつ音をらぶこーる
・ぴこぴこ主のあたまホールインワン
・キン玉クリ玉足り熊タンキ

5.みちてほろびあおぐの章
http://www.youtube.com/watch?v=NQbP-PUnBh4(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=WQtNasL0c3I(動画)

・ハンマー振る裸を汗が進むのだ
・イモノエの砂まみれの裸が出てくる月だ
・次々鮮らしい音をくわえる打鋲音
・眠れない耳を一つにして置く
・雨を集めると群衆のはためく音だ
・呼ぶ声にふりむけばじっと炎天がある
・一人が咳き込みスパナを落とす空高く鉄骨を組む
・バケツ一杯の銃殺死体なら運ぶ
・見えない走者手足するどい走者消す
・ずぶぬれの旅から全身で出てくる
・旗ノ中ノ旗 旗の中ニナクテハタメク
・巻き忘れた時計と被爆するがよい
・流木の一本突立つ それまでもそれからもない
・ゆるい靴はいて僕戦争(いくさ)いやだよ
・マルゴトナガレル家の向きが変ッタ
・ぽかっと毀れない個室ビル毀される
・ののしってののくにののをしるの
・春夏秋冬ええ按配や不老長寿でないよって
・癌かてよろし死んだら年とらへんよって
・音 花とくる ひらいて来る
・よたるまでゼニためて墓に入ってどないする
・売って壊してこわして売って人殺しの上行く正義
・みんな死ぬ地球の大笑いかな
・ぷっつんしはるほんまコワイ人形や
・あおむけるおとこにむいておく
・こだまあらすかとゆれとおしてよ
・あびあびて水あふるあびこよ
・ひをふくやまふたばいただき
・よしてよちょうちん魚(てれ)かく谺(かめん)
・たかがせんねんせっぷんをさんよねん
・ぜにかねがはかりにかかるあかんぼじゃ
・ふんぎれや せんねんポポをぷれいまん
・しゃもじるや あんじょうにむすこむきや
・ぶぶか山お出しよ うちうちぬいて
・ぱんちるどれめやふれまんどまみれ
・はなまんだみるめかぐはなとよもする
・よろこぶ 遠足が来た 死が来た

(短詩はすべて来空作)
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。