前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2009.3

●今後の「リトルポエム」ご案内

日時:【4月】 4月11日(土)14:00-17:00
場所:小金井市前原暫定集会施設 C会議室
http://www.koganei-cs.org/map.html#map1

    【5月】 5月9日(土)14:00-17:00
場所:小金井市民会館「萌え木ホール」B会議室 (小金井市商工会館3階)
http://www.koganei-s.or.jp/modules/gmap/
http://www.koganei-s.or.jp/modules/kaikan1/content/index.php?id=1

※基本的には第2土曜日の14:00-17:00で行っております。

講師:来空
受講料:会場費実費(300円)

ご参加お待ちしています!

お申し込みはこちらから!↓
(「リトルポエム」のところまでスクロールしてください。)
http://www.koganei-cs.org/culture.html
当日飛び入り参加も大歓迎。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC00184.jpg

3月14日
今回は、琴古流尺八奏者の城戸菖童(きどしょうどう)さんをお迎えして、
入門編「転菅垣(うたたすががき)」にのせて来空が詩を詠いました!

城戸さんのお話。

「尺八の音の一つ一つが言葉だと思っているので、ニュアンスを使い分けて吹きたい。
普化宗に伝わった虚無僧尺八は音楽じゃない。
論理的な繋がりはないし、旋律もないし、意味もあるんだかないんだか。並べてみてもどうかわからない。
一つ一つの音がどっか心に入って行って、私が感じているものと共鳴してくれると嬉しい。
発想の自由さなど、来空さんと共通点があるかもしれない、と思って今回伺いました。

旋律がないということは、どう使ってもどう吹いても自由、スタイルがない。
音自体に意味があるわけじゃなくて、音そのものが良く、独立している。
旋律によって伝えようとするものじゃない。
音そのもので訴える、ところが短詩に似ている。
一つ一つの言葉、一つ一つの音。

結局のところ、吹いててどっかに飛んでっちゃいたいわけなんです。
来空さんも飛んでっちゃってますよね。」

DSC00187.jpg

●3月の作品

○題:尺八


・転菅垣(うたたすががき)嗅がす讃う <回文> (来空)

・尺八吐くや詩 <回文> (来空)

・地吐く矢尺八 <回文> (来空)

・フエ 螺旋 サンゼン  (波丸鴨)

・いき すりこむ ね(音)  (波丸鴨)

・草、しゃくはち つづりこむ  (桂久爾)

・しゃくやくのしゃくはち百足  (桂久爾)

・はらシャクわたハチ  (蕪無)

・しゃくはちおんなき  (密壱)

・竹切り 詩と死と(しとしと)  (菖童)

○題:なし

・シンデコ、ン、ウンコ天使 <回文> (来空)

・シンデ カワイイ ウンコ  (来空)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★「言霊の調べ(仮)」決定!
城戸菖童の尺八x来空の短詩のコラボレーションです。

日時:5月20日(水)20:00-21:00  入場無料
会場:喫茶店「フロンティア」TEL:042-384-9659
   (JR中央線「武蔵小金井」駅南口より徒歩1分)
地図:http://map.yahoo.co.jp/pl?prop=search&type=text&ei=utf8&pg=detail&uid=fdfd395819a3c12c21aaea2a0ea34ed8&p=%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2&q=%E6%AD%A6%E8%94%B5%E5%B0%8F%E9%87%91%E4%BA%95

お誘いあわせの上、是非お越しください。

DSC00179.jpg


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。