前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

十一月のリトルポエム

●今後の「リトルポエム」ご案内

日時: 【12月】 12月7日(日)14:00-17:00
    *ベリー・ベリー・ベリー・ティディオスのボヨヨタッチ氏を迎え、
    来空のラップの録音をする予定です!
    詳細→http://veryveryverytedious.seesaa.net/
    いつも通り短詩の実作も行います。
    【1月】  1月14日(水)18:30-21:30(18:00から入れます)
場所:小金井市前原暫定集会施設
講師:来空
受講料:会場費実費(300円程度)

ご参加お待ちしています!

お申し込みはこちらから!↓
(「リトルポエム」のところまでスクロールしてください。)
http://www.koganei-cs.org/culture.html
当日飛び入り参加も大歓迎。

地図
http://www.koganei-cs.org/map.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

回文例) わたしね てふてふ 追ふて ふて寝したわ (うるか)

回文が作れるということはイコール川柳を卒業してる。拘束されていない。
川柳は、「いいですね?」と慰めあってる。散文的に読むことはできるけど、韻文的に読むことができない。
魑魅魍魎(前言語)は全宇宙を含んだ視野。言葉は自由自在である!

今日の即吟の題は黒人。
黒人が大統領になったことはアメリカのすごさ。
日本はもうしっかり出来過ぎちゃって、こういうことにはならない。
そういう意味でアメリカは未成熟でもある。

●十一月の作品 来空評

○題:黒人、大統領、オバマ


・バラクロロックオバマサン  (桂久爾)

 「オバマサン」ていう言葉はいいねぇ
 オバアサーーンと呼びかけているようで。


・くろきあかしろくろだ  (桂久爾)

 「くろき」の「き」は気になるところでもあり肯定するところでもある。
 屈折があります。どこで切ってもいいな。


・青空の黒い大統領  (桂久爾)

 こういうのはやめとこう。動きが全くない。

・世界てをたたき手をつなぎオバマスルか  (桂久爾)

 「世界」はない方がいいな。
 「オバマスル」てのは面白いね。


・ルマンだ こちら チゴだんまる  (来空)

 「ルマン」はフランス語。僕のイメージでは「玄人」。
 「チゴ」=稚児。
 僕の本質をちょっと書いてみた。


・あいおわ おばまぱん アパッチ わらふ  (来空)

・ころころ くろりん くりころん  (マオラムド)

 賛成かって言われたら賛成だ、っていうところもあって。
 この人の作品は音が面白い。


・ブヴァンババンバー オヴァマBON!  (マオラムド)

 あるひとつの音から出たことが了解できます。

・はな黒 クキ白 ネヲ黄  (波丸鴨)

 俗的な笑いまでもっていこうとしてる。
 鼻黒いのが寝起きしてるかんじもあって。


・おばま こばま 鯖なげ  (波丸鴨)

 おばま=小浜、こばま=小浜
 この「お」と「こ」の違い。
 投げるものが、もっと笑い飛ばせるような魚だったら 作品としてはもっと面白い。
 俗的なかかわりがあっておもしろいね。


・異黒人 血走った眼(まなこ)吊り皮  (みきてぃ)

 「異黒人」、こういう言い方あんまりされてないからこれはこれでいいかな。
 接続詞がなくて「眼吊り皮」というとダイナミック。


・黒人(くろじん) 新時代 打診 紳士録 <回文> (蕪無)

 時代がある。現代的。

・白も黒もモロくモロし <回文> (蕪無)

 上の句が散文的ならこちらは韻文的。
 「モロくモロし」はちょっとしつこいけど、そのくらい言ってもいい時代。


・煮てしてして黒大根とん  (波丸鴨)

 2・2・2・2・2・2・2の2音のリズム。
 「煮てしてして」には方向性、声調がある。
 黒人大根・・・黒人根とん・・・もっとすごい句になりそうだね。
 いい句になると思うよ。困っちゃう領域に来てる。


・帰ってきてサンボ ホットケーキもとむ  (タグリ)

 「帰ってきて、ホットケーキも富むサンボ」でも面白い。
 たぐりって名前は面白いなあ。手繰りがでてくる。
 来年は丑年ですね。「牛を田栗」だけでも句になっちゃう。


・笑いすぎて死んでしまいそうだ 白い歯  (タグリ)

 ツッコム精神がある。新人と思えない。
 よろしゅうございます!


・どん底の不幸に垂直にはねる  (タグリ)

・マジで、まっ黒 シロンボ  (苑葉篠木)

 白というのは素なのね。
 切っていくあたり、いいところ行ってる。


・あっちくるまでまれびとまるく  (苑葉篠木)

 円熟しきって丸くなっちゃって後は落ちるだけ。
 もっとチクリまくってやらなきゃ、日本人は。ほんとそうなんだよ。
 この人やっぱりすごいとこ行ってるよ。シビれる。


・一(ひと)のクロンボはら三千世  (苑葉篠木)
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。