前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

九月のリトルポエム

20080428224124.jpg


●今後の「リトルポエム」ご案内

テーマは「詩の朗読と実作」。
来空ならではの、独特な世界を読み上げます。
フレッシュな十代の作品から、回文あり、おおらかな愛あり、労働歌あり、痛烈な社会批判あり。
おなかを抱えるパフォーマンスです。だまされたと思って一度きてみてください。

日時: 【11月】 11月9日(日)14:00-17:00
※10月は、来空が「詩のボクシング」出場のためお休みです。
場所:小金井市前原暫定集会施設
講師:来空
受講料:会場費実費(300円程度)

ご参加お待ちしています!

お申し込みはこちらから!↓
(「リトルポエム」のところまでスクロールしてください。)
http://www.koganei-cs.org/culture.html
当日飛び入り参加も大歓迎。

地図
http://www.koganei-cs.org/map.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●九月の作品 来空評

○題:髪、毛、栗


・毛毛、けんけんぱ  (みみ)

 これだけで、声というものが聞こえる。

・夕や毛 ちりちり  (みみ)

 そうかあ?。ゆうやけか?!
 焦げてきてる毛も感じるし。


・かみ様いただいて床ふく  (みみ)

 「床」までは面白い。「ふく」が少し散文的。
 「床ゆかい」、もしくは「かみ様いただいた床」だけでもいい。


・雑木林、恋くりかえす  (みみ)

 「こいこいをくりかえす」でもいいかな。

・人形の毛がいっぱい 正面で待ちかまえ  (よしこ)

 「人形の毛がいっぱい」というのがすごくいいですね。
 「待ち」はなくてもいい。驚きがある句。


・コケムシケムシクリグリム (桂久爾)

 ムシ、ムシと来たのが面白い。
 繰りがあったり栗があったり、あるものとないものがいろいろ出てくる。


・風、くるくる髪の猫じゃらし  (桂久爾)
 
 この人の句は童話的で、僕には作れない作品がある。

・後髪ず ナタY字路  (苑葉篠木)

 後ろが水。そなたYの字だと。女性への優しさ。
 「ナタ」は「凪」と読んでもいい。
 男がわけわからんこと詠う場合大体女のこと。
 わからん=面白さを含んでる。 


○題なし

・みんぞく、ぞくぞくもじり兄殺し  (来空)

・Aない結構滑稽な家 <回文> (来空)

・○○(ケラ)だけ丘棺桶(おけ)だらけ <回文> (来空)

 (上記3句に関して)社会批判。民族ごとに成り立っている、ということが
 続々ある。殺しあっている恨み。


・夏の日に川辺で遊んだ子供の日 遠い記憶の父は若し  (よしこ)

 「に」や「で」が散文的。
 「川が遊んだ夏の日」ぐらいにしちゃってもいい。
 身近にある素材で、根元にあるのはこれだな、というかんじがするのね。


・日に日に 行き死に <いの段> (蕪無)

 行や段を統一して作ってみることで体験できる。
 「そういう強さがあったか、日本語ってすごいな!」と感じることがある。
 いの段は、何か定着していくのを感じたハズ。


・こどもころころ殿 <おの段> (蕪無)

 「あ」と「お」の違い。
 「あ」は肉声に近くて「お」は大衆、群れとしての内部。


・波涛舞踏火扇太鼓  (桂久爾)

 音楽的、絵画的、情景的。「がぜん太鼓」だったり。
 でももうちょっと言葉の飛躍がほしい。
 これを読んで、うまいな、と同時に童話的なものに騙されんぞ、
 という気持ちもある。が、この人の句で今まで随分勉強になった。


・しぼって 叩いて イタター!鉄星 <回文> (波丸鴨)

 何を感じているかっていうと、構造的なもの。
 「鉄星」が少し説明的になっていて、驚きがないところが欠点。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●?番外編?喫茶フロンティアにて。(9月13日)

○題:行、段を統一


・あ、花かさ山わらわ <あの段> (マオラムド)

・絵をあいう <あ行> (マオラムド)

・聞け!かく子 <か行> (マオラムド)

・さし 死す <さ行> (マオラムド)

・あおい あい あえて うえ <あ行> (みく)

・かこ こく きく ここか <か行> (みく)

・ゆるゆるむむねふむくつ <うの段> (みく)

・わあ!山らが花沙汰 <あの段> (来空)

・ハハハ陽へ這ふ頬 <は行> (みき)

・ささ しそ さす せ <さ行> (みき)

○題なし

・ホンバコスバコトバコバト  (みき)

・「あ」「い」「う」「え」の血  (来空)

・「わ」「を」「ん」のかみ  (来空)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。