前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

七月のリトルポエム

1570292_4120308775.jpg

●今後の「リトルポエム」ご案内

テーマは「詩の朗読と実作」。
来空ならではの、独特な世界を読み上げます。
フレッシュな十代の作品から、回文あり、おおらかな愛あり、労働歌あり、痛烈な社会批判あり。
おなかを抱えるパフォーマンスです。だまされたと思って一度きてみてください。

日時:【8月】8月2日(土)14:30-16:30
    【9月】9月14日(日)14:30-16:30   
場所:小金井市前原暫定集会施設
講師:来空
受講料:会場費実費

ご参加お待ちしています!

お申し込みはこちらから!↓
(「リトルポエム」のところまでスクロールしてください。)
http://www.koganei-cs.org/culture.html
当日飛び入り参加も大歓迎。

地図
http://www.koganei-cs.org/map.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

七月のピトルポエムより
●「リズムの歴史について」 by来空

万葉集では、長歌・反歌、旋頭歌はそのリズムから
(その民族的な体験から)
和歌の8x4(4x8)=32拍形式が生まれ、
また、その和歌のリズムの慣習化(垂れ流し)から
芭蕉の8x3(4x6)=24拍形式が生まれ、
碧梧桐は、そこから8x2(4x4)=16拍形式を成立させた。
(ルビ俳句3x8=24もたくさんある)
そのリズムの法則と、慣習で言えるのは、
これからの詩形は8x1.5(4x3)=12拍形式が
一つの必然をもった形式になるだろう!ということ。
衝撃的なコトバの新しさ、現実の新しさはリズムとともに甦る!
詩の歴史が、“日本のリズムは短くなっていくよ”と言っている。

●七月の作品 来空評

題:空

・まねばっかする空は生きとらん  (来空)

・ソラいちめんの王国 (マオラムド)

 「王国」がちょっと常識的。
 自分の言葉にまで高めると、揺るがなくなる。


・ドレミファ ソラゴン 飛んできた  (マオラムド)

 「ソラゴン」がすごく面白い。ことに「ゴン」がね。
 「飛んできた」はスラッと読んじゃうから、意味がわかっていてもプラスに働く。


・その面(つら) まぶたあげよ空 (波丸鴨)

 例えば「その面あげよ まぶた空」とか、
 入れかえてみてより衝撃的に。


・胸に吸い込む うっ空  (波丸鴨)

 「に」が説明的。驚きと言うより説得になってしまう。
 ない方が随分効果がある。「胸吸い込む うっ空」
 「うっ空」というのは面白いね。


・水々しい四天  (桂久爾)

 「四」というのがいいね。僕の場合四を主張するから。
 句としては、もっと違う形で見たい。


・ねごとゆってるそらしとね  (蕪無)

 おとなしくていい句。素直な。
 このままでいい。


・汗のあしおと ソラシドレ  (蕪無)

 一つの捉え方がある「汗のあしおと」と「ソラシドレ」の、
 リズムの関係に開きがある。説明的な「汗のあしおと」を
 「ソラシドレ」で切り離しちゃった感がある。
 変えるなら、例えば「汗のあしおと ソラシドレる」とか。


・コトリとんでる空コップ  (苑芭篠木)

 「そらコップ」っていうのが怖くてね。
 朝鮮にいた時、コトリ(=人間)がさらわれることが実際にあった。
 その怖いことを思い出す。時代がある。
 ただ、「る」がちょっと説明的で、小鳥が飛んでる方に偏っちゃう。
 なくても僕の場合はこたえる。
 この作者の、一つの構造世界、魑魅魍魎部分にごっつ惹かれる。


題:夏

・おもにあぼじとうやここなつ  (来空)

 朝鮮語で「おもに」=父、「あぼじ」=母。
 問うや。


・夏もぐれ 爆弾投下 空落ちた  (波丸鴨)

 「も」がいいね? 「潜れ」でもあるし「も、暮れ」でもあるし。
 爆弾投下という現実があるのもいいですね。
 でも現代人がよく使ってる言葉だから、衝撃は少ない。
 もっと違う言い方で。


・にじをなみしぶくてふ  (桂久爾)

 キレイだよね? 上手。
 「てふ」は蝶もしくは超。
 キレイだよな? 虹を波がしぶいてるんですよね。
 これ傑作だと思う。


・くるほたるをとんぼおうぎに  (桂久爾)

 「おうぎ」が面白いねー。「仰ぎに」でもいいね。
 ほたる来るでしょうよ、それがとんぼおうぎなんだと。
 一つの風でもあるだろうし。
 これもいい句だと思うよ。


・あまざらすひびきをあおい  (桂久爾)

 悪い句じゃない。
 「を」がいらない気もするけどやっぱり「を」しかないかあ。


・かわあおいたつせみしぐれ  (桂久爾)

 この「たつ」は効いてるな?。

・チャバネモノノケ蒸しマサシ(男子)  (苑芭篠木)

 「男子」のルビはいらんよ。マサシったら男しかないもん。
 「蒸し」も「ムシ」の方がいいよ。「蒸し」言うと、途端に人工的。
 おもしろいね?この人のわけわからん部分が好き。
 魑魅魍魎、そういうもんと格闘してる部分がある。


・夏の使者ナニまがらず  (苑芭篠木)

 「夏の使者」が散文的になっちゃう。
 「ナニ使者夏まがらず」とか、変えていった方がいい作品になる。


お題なし

・しあわせた
 来空
 もなか  (来空)

 5・4・3=12音。
 詩。死。合わせた。
 「しあわせだ」ととってもかまわない。それも含んでるんだから。
 その来空そのものがもなかであると。来空も中にあると。
 余韻を残していく書き方。
 いつか来空もなか作ってほしいな?


・碧が終局(ケツ)なら空も

 3・4・3=10音。
 おしりのケツ。来空と碧梧桐の関係。
 碧も空も同じだ。
 それを10音に収められましたよ。


・ひ、らいたア 毛饅頭

 5・5=10音。
 火、ライター。火を放つような毛饅頭。
 けまんじゅうなんてすけべな言葉。
 僕は、短詩の歴史も、女への尊敬も全部ぶっ込む。


・はいせんこう のばして ほろり  (波丸鴨)

 僕なんかは「配線、こう伸ばして」と思っちゃって。機械工やってた頃、懐かしい。
 「ほろり」が効かないみたいになっちゃってるかなあ。


・すきが樹になる はがゆい実  (波丸鴨)

 おもしろいねー。
 わからんところ含んでおもろい。
 おおそりゃはがゆいな。
 「すき」、「素」「木」。一字一字に意味があんのよねえ。
 内部の構図、こういうものまで生まれてくる。


・来空ウンコー 龍水ウム如し  (マオラムド)

 「夢で見た来空さんを句にしたかった。
 夢で「肉とウンコを合わせれば何かできる!」と言っていた。」byマオラムド
 「それはいいわ?、うん!」by来空


・アイアム ア プップマン  (マオラムド)

 言いきっちゃって溜飲が下がるかんじ。

・投げて良いのは心の石  (マオラムド)

 「投げて」も「良い」も全部短歌の方に行っちゃう。散文。
 「投げて良い石」のようにわからんくした方がいいな?
 前に「ココロ」をつけてみたり。
 「ココロココロココロ投げて良い石」


・ありじごくぼしアマザラス  (桂久爾)

 蟻地獄、干し、星。
 「り」が少し説明的。
 「あ、じごく」「あーじごく」ではどうか


●総評

今日も面白かった。僕自身興奮しながら読んだ。
詩を作る時は、当たり前によんでるようじゃ困るんで、
自分自身がびっっっくりするまでやる。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。