前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

詩の教室 三月レポート

080123 002


3月に行われた詩の教室の作品をご紹介します。

○題:梅

・梅パチ鳥林  (桂久爾)

・百目梅はやしたて  (桂久爾)

・はらめされ うめやしき  (Y・F)

・うめよりうみが私に近い  (おのでら)

・梅みに行かず梅みに来いと  (おのでら)

・うめ・うーめん ラ・ラ・ラ・・・・  (まおらむど)

・われをよびうめやうみうみ (ひづる)

来空のワンポイント

・梅まつりに行ってきた 満開できれいだった  (トモコ)

  →「梅」に自分自身もすでに込められているので
  ・梅、まつりに行った
  にしてしまっても面白い。

・花に鼻をくっつけて香りをいっぱいかいだ 梅の林はきれいだった  (トモコ)

  →意外と詩として作られていない表現。
  ・花に鼻をくっつけて

・来年もあの梅の花に会いに行きたい  (トモコ)

  →これも意外となかった句。来年もを取って
  ・あの梅の花に会いに行きたい
  「梅の花」からは、植物の花だけではなくいろいろと想像できて面白い。

○題:春

・はるきたかお こん・ばん・わ  (来空)

・はる。つくっちゃならん生きとらん  (来空)

・はるはらおーい手をつなごう (桂久爾)

・とけかけた雪にこぞのふんじん  (おのでら)

・ほっぺつねったはる  (おのでら)

・はる ポカントントン  (まおらむど)

・春はびこってはるばると父  (ひづる)

・エキサイトしてはるをうもうよ  (ひづる)

・コップこわれてはやるはる (ひづる)

・冬そなたをついで一緒に行こか  (来空)

来空のワンポイント

・そらあおく咲く みまかる  (来空)

  →「あおく咲く」には、空全体が青く咲いているイメージと同時に「青臭い」「奥咲く」も含まれる。
  僕と青空の関係。

・走って走って空まで原っぱ  (桂久爾)

  →少しありきたり。
  ・走って走って空まで空っぽ
  でも面白い。



日本詩歌の世界をあらためて考えよう。
「世界で一番短い詩がある日本の不思議 三回シリーズ」
?日本語のリズム  5月14日(水)18:30?20:30 
?日本詩歌の文体 6月11日(水)18:30?20:30
場所:小金井市前原暫定集会施設
講師:来空
参加費:無料

ご参加お待ちしています!

お申し込みはこちらから!↓
(「詩の教室」のところまでスクロールしてください。)
http://www.koganei-cs.org/culture.html
当日飛び入り参加も大歓迎。

地図
http://www.koganei-cs.org/map.html
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。