前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010.5

0909 080

来空夏のイベント「合唱するポエムと尺八」
是非お申し込み下さい!!!
http://pirkashow.blog63.fc2.com/blog-entry-158.html

次回のリトルポエムは初・野外です!
6月12日(土)13:00?15:00
武蔵野公園のくじら山付近

武蔵野公園:JR「武蔵小金井」北口から京王バス 調布行き「武蔵野公園」下車すぐ
もしくは多磨霊園または多磨町行き「多磨町」下車 徒歩3分。歩いても行けます。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access056.html
くじら山:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map056.html
*雨天の場合はどこかの喫茶店になります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●5月の作品来空評(2010年5月22日)

○題:こだま、夏

・夏うちにいままいにち撃つな <回文> (来空)

・マタこどもらアラもとコダマ <回文> (来空)

・まいにち子うむかみおがも  (来空)

・出日本(デシマ)だ 子ダマシテ <回文> (来空)

・うん、こだまだし  (密壱)

 「うん」がものすごく効果ある。子をだますことでもあるし。木霊でもある。
 大肯定であると同時に・・・肯定かと言ったら肯定でもない。
 悪い部分も承知する。“そういう世界を俺は持ってる”
 密壱君が短詩をやって最高なのは、騙されていない自分があったということ。
 ここまで書ける人は、人を傷つけることができない。
 僕も、自分の世界ができて強くなってからは喧嘩しなかった。


・なつ、青いそーだ  (密壱)

 あー、これもいいなあ。でも、感覚的なものはわかるけどコタエルもの少ない。
 一番響かないが、一番わかりやすい。


・みつこだまし  (密壱)

 これも面白いねやっぱり。名前のみつも入ってる。
 その通り、こだましてるよ。自分と言わずに自分も出ている。
 短いからこそ批判として言葉が成り立ってる。


・ここだ、またここ <回文> (密壱)

 素直なところ。率直と言った方がいい。

・ね、どこ?たましい  (密壱)

 魂どこにあるのか、寝るとこにあるのか。寝床にあるのかーと考えると俺にまでコタエル。
 金玉のたまでもあるし魂でもある。「たましい」→「たま強い」男の本能としてある。
 このことも認めてやらないと、社会はヒステリックに傾くだけ。
 すごいなと思う。僕がいつも言いたいところ。
 「、」で空間ができる。散文が糸のように繋いだものなら、詩や句は空間にかけたもの。
 「人間」と書くように、人間には「間(ま)」がある。関係性が働くことによって。
 生きてるな?


・向こうから此処へ近付くあなたの声は  (歩奥)

 非常に素直。この素直さは一番大事なところ。その素直さを、自分がびっくりして受け取ること。
 ここまで言われると気持ちがいいな。
 例えば「向こう ここ 近く あなたの声は」にする。この方がもっと素直。
 ここ近くにある向こう。感動、刺激的に自分が感じれば、相手にも伝わる。
 素直な人は刺激的にしても素直。言葉を道具として使わない、自分の声として。
 “あなたの声はそうなってるよ?”これもやっぱり新しい表現。


・自問自答ラップ音  (歩奥)

 散文が切れてきてるところがいい。「自問自答」のあとに大きな空間。
 どういう意味を強く出すか、という問題。自分流にどう言うか。
 「自問自答」は言い慣れてる言葉。
 「歩奥問答ラップ音」と、自分の名前を入れれば、あなたにしか書けない、
 いっぺんに引き立つ句になる。私、渡しの問答。


・おうたままたのこだまする  (狸人)

 彼の作品は魑魅魍魎部分を含んでいて、面白さを感じた。
 そういうものから変わった、でもやはり作り方面白いんだよね?。
 理がなくなったということは、言葉が平等で、音になった。
 「おう」「うた」「たま」「まま」「また」・・・次々と読んでいける、昔弁慶読みと言われた。
 「おう」→「おうた」という風に2→3になる。日本語の面白さ感じてる。
 短詩を選んだことがある意味理屈。
 「おう、たま」「負うたまま」「他のこだま」。
 世界を負うたままだ、俺に乗ってるんだ、と言ってるのかもしれないし。
 俺を意味してるのかもしらん。
 これはもう特選。お金があったら十万あげたい。


・くるなつや かばねもごじゃれ  (狸人)

 「かばねもごじゃれ」は俺が言えないことだな。
 この言い方、面白いと同時に「死体もこっちこーい、来る夏だ?」と言ってるようで。


・つばきせこだまな はけれどなつがら  (狸人)

 「つばきせこだまな」の「な」が効果を薄める。
 「な」に「はけれど」で繋ぐあたり、常識的。
 「なつがら」面白いな。「こだまばけれどなつがら」でどうか。
 もしくは「つばきせこだまな ばけ なつがら」どっちでもいいよ、面白い句だよ。
 この人は独自世界を確立してるから、もう脱皮してる。


・またぐらちかう じゅすきりだんか  (狸人)

 「またぐら」も「ちかう」もどちらも効果があり過ぎる。
 説明的な衝撃性になってしまう。下手くそに論理的に重なっちゃう。
 「ぐらちかう」「たぐらちかう」「ぐらちか」とか、他にどうにかできないか。
 「すきり」もちょっと行き過ぎ。「ぐらちかじゅっきり」「ぐらちかだんかじゅっきり」はどうか。
 おまえ流にやりなさい。すごい句になる。面白い句。


・また子をいわいohこだま <回文> (コタヅタン)

 「おうたままたの・・・」の応答になってる。
 素直で気持ちのいい句。少女みたいにわかるような句。
 最初「またる」と間違えて読んだ。これじゃ回文にならないけれど。
 それだと、「また」が溜まってるのか、真ん丸の樽なのか、
 というところが出てきて僕としては面白い。


・ピッコロがろこつピー <回文> (コタヅタン)

 今の軽さがちょっと面白いゆうか、読んだら楽しくなる。楽しいじゃん。

・済んだツイートいつダンス <回文> (コタヅタン)

 元:済んだツイート統一ダンス
 「統一」は意味的、論理的、常識的。論理が通っちゃって、叫びじゃない。
 「ツイ」と言われて浮かぶのは「対」だなあ。
 この言葉が好きなのは、生き物が左右対称、バランスをとってるということ。
 日本人は昔から回文が好き。
 マグマの中に人間のもとがあるというのかな。原始的なものが全部自分のものになる。
 それが自分に還るということ。


・タマでかくめいにち  (うるか)

 意外性がある。わかりすぎて良いってこともある。
 金玉がでかい命日なんてな、笑っちゃう。すごい。
 俺の追悼やってくれてる。「そうだー!」


・ドロわざ。おざわロード <回文>  (うるか)

 これもおもろいな。今問題になってる幹事長。
 こういう風に社会風刺っていうのが今ないから。


・んじゃら、ゆめじゃらしじゃん  (うるか)

 そういう詩もあっていいんじゃないかってところが出てきてね。
 おもろいな?、この人ももう卒業しちゃってる。

スポンサーサイト

PageTop

“合唱するポエムと尺八”

是非ご参加ください♪

フロンティア チャリティー文芸講座2010
“合唱するポエムと尺八”來空と菖童

?種田山頭火とともに  6月22日(火)午後7:00-8:30
?尾崎放哉とともに    7月20日(火)午後7:00-8:30    
?河東碧梧桐とともに  8月24日(火)午後7:00-8:30


会場 コーヒーガーデンフロンティア
   JR中央線武蔵小金井駅南口徒歩2分 ?042?384?9659
   http://koganei.shop-info.com/units/36237/koganei_18/              

 3回シリーズで、自由律俳句と呼ばれたものの中から、三人の作家を取り上げ、日本の詩の背景と、今日的意味を考えてみたいと思います。
 日本の音楽は自然の音から始まり、自然の呼吸と共に育まれてきました。
日本のポエムも、自然から与えられた心臓音・脈拍音を基底のリズムとして、それぞれ(人々)が、時代の環境と葛藤しつつ育んだものでしょう。
 尺八の音を聴きながら、詩人のことばに耳を傾け、背景にある自然の力いわば日本力なるものを感じてみませんか。それはまたたくさんの存在の命の輝きを感じることではないでしょうか。

各回の構成は、以下を予定。

一部  講演(來空) 
 ・芭蕉、子規から碧梧桐へ、短詩形文学の流れを概観し、口語俳句・自由律・短律の意味を
  解説。
・ 山頭火、放哉の作品を例として、その時代と考え方に触れる。併せて作品解説。
 ・碧梧桐の作品は、定型、新傾向、自由律、ルビ俳句等、目を見張る展開と変化を示しており一口に
  説明できるほど単純ではありません。今回は所謂自由律時代に焦点をあてておきます。
二部  虚無僧尺八の話と演奏(城戸菖童)
 ・松尾芭蕉と黒澤琴古、その思想と尺八とのかかわりについて解説します。
三部  それぞれの作家の作品朗読と尺八との合唱的演奏 

会費 1回1,000円(3回一括 2,500円)収益は「キンヒバリの里」トラスト運動に寄付致します。
お申し込みは 〒184-0011 東京都小金井市東町1-12-14
       電話・FAX 042-385-6907 城戸菖童まで
       メールの場合は 國分まで kokubun@sevenseas-net.co.jp

参考
山頭火 
  ・ひとりたがやせばうたふなり
  ・わが手わが足われにあたたかく寝る
放哉
  ・氷店がひょいとできて白波
  ・咳をしても一人
碧梧桐
  ・牡蠣飯冷えたりいつもの細君
  ・子規庵のユスラの実お前達も貰って来た

主催 「はけの自然を大切にする会」/後援 小金井市教育委員会/協力 コーヒーガーデンフロンティア


raiku.jpg shodo.jpg

PageTop

2010.4

1004 477

★次回のリトルポエムの会は5月22日(土)10:00-13:00。
都営前原三丁目アパートの集会所(JR武蔵小金井駅から徒歩15分)
問い合わせ:pirkax09@gmail.com


●4月の作品来空評(2010年4月29日)

・花かんざし老骨らんぶ  (うるか)

 最初「ランプ」と読んだ。老骨が灯ってる。
 乱舞、花かんざしと言われたらそうだな???!
 人間の生命、根本に迫る句。女性だから平気で詠える。


・うちゅう秘孔つきつき  (うるか)

 秘孔・・・かくす穴、どうなんだろう。論理が働きすぎる。
 「ツボ」をはっきりイメージする言葉の方がいい。
 飛行や人工衛星が出てくるところが面白さでもあるし、分裂でもある。
 読む人によって変わってくる。
 「うちゅうツボツボつきつき」
 「うちゅうつきつきつぼつぼつぼ」でも面白い。


・そらめくめんべあだちでっぱれ  (来空)

 「そ」を感じてる。空である。「そら」という掛け声である。
 そらめく→そらめくめ→そらめくめんべ(2,2,3)となる。
 べあー→熊。仇、あだち。出っ歯。
 魑魅魍魎よ、出てきてくれ??


・でっぱつらでたばってんくじら  (来空)

 顔面が出た。くじらが画面に出てくる時あるじゃん。

・かみさまそらがめおがもうよ  (来空)

 心がけたのは4音3つ。4+4+4+よ。
 「かみさま」は独立したもの。その後間があく、口調が出る。


・あいみつそらがめえめ  (桂久爾)

 一つの絵画、構造。
 すごい句。かわいい句。


・デデンはっぱでんチョウ  (桂久爾)

 これは面白い。

・むしこ、そらがめし  (密壱)

 お菓子関係で「むしこ」なんてつけたら売れるよ?
 それも食いたいなあ。虫、無視、蒸し。
 しこ踏んでる、その子ども。そういう子どもいるのかな。
 「そらがめし」も面白いな?いろんな展開がある。
 いい言葉だなあ、空が召した。「、」があって、区切る意思がある。
 どういう意味かなんて僕には関係がない。イメージだけで騒ぎたくなる。
 「むしこ、売りだします」「そらがめし、始まります」
 なんて言われたらなんだ??となる。実体がある。
 そういうものを作り出すことがポエムの役割。飛んじゃってる。


・ぱぱでっぱ、ままらあせ  (密壱)

 パパは出っ歯だー、お母ちゃんは汗かいてるー、漫画。
 これもおもろい作品だな?


・へへ、チンしてんのー  (密壱)

 端的に行き過ぎたきらい。「そらがめし」の世界に行っちゃうかどうか。
 思ったのは犬。服着せたりなんかしてる。
 へへ、と笑うならもっとえげつないものないか?


・すまん、そこ、わかばだし  (密壱)

 一句目(そらがめし)は魑魅魍魎、こっちは逆でわかる側。
 そこでわかばを出してくること、「すまん」で受け入れられていない社会表してる。
 何が大事かというと、言わないこと。


・ことばもうりょう花火  (コタヅタン)

 一番普遍的なところから出てくる。
 「もうりょう」が今までこういう使われ方はあまりされなかった。
 もう、了、涼。新鮮。


・うまれうれまう <回文>(コタヅタン)

 「うれ」をどうとるか。熟する等。
 「なか うまれうれまうかな」にしたほうがよい。
 「うまれうれまう」だけだと自由に取れるけれど、すっきりしない。
 うれてまうかな。「なかうまれ」=自分は次男で、ほっとかれた。そこが大好き。


・ヘンテコ捨てずゴテンベ <回文>(コタヅタン)

 元:コテンペ
 コテンペでは「ヘンテコ」があまり効果ない。
 ゴテンベ=御殿辺 にすれば、社会的に非常に面白い。


・ひっ火、れれれの霊  (コタヅタン)

 れが魂なんておもろいわな?
 イメージを残しつつ、作者の内面が一番出ていると思う。
 これはいい句だ。作り込みはまだ乏しいけれど、
 女性は論理じゃなくて、母体だけで作れる。

PageTop

2010.3

18470_108497649165264_100000150889789_209355_8180906_n.jpg

頭の細胞、普段使ってない部分が
初めて聞いた言葉にバーーンとびっくりする、
楽しくなるように。


●3月の作品来空評(2010年3月28日)

○題:三流、ぼらぼら、はげ、ドーナツ


・ゲバら抱いたらハゲ <回文> (来空)

・ずぼらぼらさんりゅう土佐  (来空)

・禿ラ抱いたら化ケロ  (来空)

 率直に言って僕の本音。
 抱かれることによって常に新鮮に化けるんだわ。


・大大根 恋抱いた <回文> (来空)

 ほんっとにわかりやすい句。

・底には翔つ札束にこそ <回文> (来空)

 札束が底にある。最低のどん底で羽ばたいてる。
 金持ちの札束は羽ばたいてない。


・手連らね置かん変化狙って <回文> (来空)

 変化を求めて手を繋いで行こう。
 回文はingがついてるから終わりがない。


・屍!羽馬鹿 <回文> (来空)
 
 馬鹿のように寝てる老人、屍。

・寝馬鹿が屍 <回文> (来空) 

・寝束種束 <回文> (来空)

 種の束は常に寝てる束。

・はげたうたげは <回文> (狸人)

 一音づつ読む、同時に二音づつ。はげ山のはげ。はげたくなってる。たげりたってくる。
 三音づつ。はげた・宴は。笑っちゃう。3・3・1。年寄りたちが宴を歌ってる。
 非常に効果があるすごい回文。
 オレ自身だな?、はげてきてんのよ、宴が。
 だから無理矢理裸足で歩いてる。すごい句だよ。


・かたくりマラドーナツ  (狸人)

 面白い句。捨てられない句。
 でももっと面白くなる。

・三流モヤイ ぞうぞう  (狸人)

 元の「ぞうおぞう」だと「お」が邪魔した。信仰的なものが入ってくる。
 動物の象。三流の、当たり前の物になっているというのも含んでる。
 たくさんの像があってみんな三流モヤイ。


・ボラ、ボラいぞん やたゆた  (狸人)

 「や」→切れ字、文章を切る。たゆたい、ゆたかな。
 「ボラいぞんや」依存することが叫びになってる。
 引っ張り込むところがあって面白い。豊かだよなあ。

・かたくり マラリーナ  (狸人)

・おとなせいしは、げ  (密壱)

 わかりやすくて、俳人たちも取らないとこまで行っちゃって。
 本当はこれ読んだ瞬間ショック。
 一音づつ読んで二音・・・って読み方してる。「音を成してくれ」石というよりも意思。
 本能そのものを承知してるから、「げー」って言っちゃう。
 最近の男子精子少なくなってる。男を育てない社会。
 大人になれよー、死ぬ事はこわいことだっていうところも入ってる。

・はとさんりゅうさん  (密壱)

 もちろん鳩がある。鳩が三流というのもある。
 鳩山、あの連中思い出すわけよ、それがこんなにわかりやすい。


・ぼらぼらまた、す  (密壱) 

 「ぼらぼら」という繰り返しを肯定してる。又、待たす。
 一、二句目のような衝撃はない。

・どーなっついんど  (密壱)

 インド・・・大陸が後からくっついて出来た。どーなってんだ?ってところまで。
 今のインドもどーなってんだ?ってものがいろいろあって、
 ガンジーの時分からすごいなーと思ってた。これも面白い。
 密壱君のわかりやすいところは、句の面白さを一般に伝えていくところ。

・ぼらゲバはげラボ <回文> (コタヅタン)

 どうにでも面白い句になる。
 やっぱりかわいいんだよねキレイなんだよな?。
 わからなくてもいいんだよ、というところが「はげラボ」にはある。
 「ほら、ゲバはゲラボ」「ほら、ゲバはげラボ」ときたらもっとわかりやすくなる。

・ボラララ ポポツートン  (コタヅタン)

 わけわからんとこまで連れてっちゃって楽しさだけ残る。
 ほんとにツートンなんだよ。あー二つの音楽だ。
 意味なんてなくていいのよ。音がいい。いいかんじがする。

・はげしくこくさくら  (桂久爾)

 キレイい整理されたけど、すっきりしすぎ、悪い句じゃない。
 桜が激しいというのは珍しい。そこを生かした方がいい。


・しもてるさくらははげる  (桂久爾)

 女がしもてるさくらと言うのは珍しい。おもろい。
 深いところまで入ってくところがあって、女性の立体像。
 すごい女性もいるわ。こわいところもある。

・さくらほらけろ どうなっつ?  (桂久爾)

 空間が空きすぎる。「ほらけろさくらどうなっつ?」にすると空間しっくりくる。
 「ほらけろ」踊ってるかんじ。けろ=蹴ろ、くれろ。


・おどりばと きょうだい 三流まつり  (桂久爾)

 現代の政治を批判してる。ここまでうまく詩にしてる人はいない。

・禿盛山土筆日本(はげもりやまつくしにっぽん)  (桂久爾)

 これもものすごい面白さがある。はげがいっぱい増えてきてね、山を成してる社会だ。
 川柳、短歌は社会批判しない、もっとエゲツなくやってほしい。


PageTop

Twitter

来空のツイッター始めました!
フォローお願いします

名前:来空
ユーザー名:rakugakiraikuu

http://twitter.com/rakugakiraikuu

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。