前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2009.7

yaho 066

●今後の「リトルポエム」ご案内

【8月】 8月8日(土)14:00-17:00
場所:小金井市福祉会館内 公民館本館 生活室(公民館本館3階の階段を上がって左にあります。)
http://members.jcom.home.ne.jp/koganeishi-syakyo/building/map.html

【9月】9月19日(土)14:00-17:00
場所:NPO法人カッセKOGANEI(小金井市民起業サポートセンター)シャトー小金井1階
小金井市本町6?5?3 tel&fax:042-381-1139
http://homepage2.nifty.com/kacce/link/access.html

【10月】10月17日(土)14:00-17:00
場所:NPO法人カッセKOGANEI(小金井市民起業サポートセンター)シャトー小金井1階
小金井市本町6?5?3 tel&fax:042-381-1139
http://homepage2.nifty.com/kacce/link/access.html

講師:来空
受講料:会場費実費(300円)

ご参加お待ちしています!

お申し込みはこちらから!↓
http://koganei-cs.cocolog-nifty.com/blog/cat35509359/index.html

当日飛び入り参加も大歓迎。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月11日

江戸時代、店々では絵だけの看板をかけてた。
例えば饅頭、菓子屋には荒馬の絵の看板(=あら、うまい)、
風呂屋には弓矢の絵の看板(=湯宮)というように。
言葉はいらない。
そして言葉があらゆる力の元だった。

●7月の作品 来空評

・ままのみ ちちなしこ  (密壱)

 日本語とポエムの問題。
 「母の」「のみ」「の道」「身ち」
 「父な」「血なし子」「乳なし兒」
 「ママのみ父なし(=乳なし)兒」
 ままのみち ちなしこ●(5,5)一拍あるから「こ」が重たい。
 多意味性を持つ。日本語の一語の力、二語の力。
 不満だけじゃないんだよ、感動もある。人間の愛。
 父のない子を生むのも母親の道。
 作者の言いたいことが出てきてる。お母さんに感謝してんだよ。
 男なんて風媒花、種蒔いて歩いて歩いてるようなもん。


・さみしうたいむ  (密壱)

 時間そのものがさみしいと。「しう」死の宇宙、死を得る。
 俺自身はものすごい効いてる。


・いたたんたたんあかちんこ  (密壱)

 「あかちんこ」はまだ誰も言ってない。大好き。

・こんどうむなまで  (密壱)

 今度生む。
 生で、なんて、お?う そうしろよ?と言いたくなる。


・にくらし ひぐらし しおのめし  (密壱)

 美意識を踏まえてる。もっと面白くなる。
 汐、塩、死を召し。「しおめし にくらし ひぐらし」


・ははぱぱばばまだ  (密壱)

 これもものすごく面白い作品。
 母、パパ、おばあさんが揃って「まだ」と来たら そうだよな?。
 ははははという笑いにも。どこから笑い声が聞こえるようにするか。
 「ハ。ははぱぱばばまだ」とハを入れんのよ。
 笑いの言葉が流れていく。この一字で効く。
 もしくは「ははぱぱばばハ、まだ」ここ。
 他にも方法いっぱいある。個人が決めて。


・えこせな いなせこえ  (密壱)

 「いなせこえ」ってのはいいな。何も言うところないわ、面白いよ。
 ただ、はっきりしない言うか、ちょっと曖昧で感情が分散して声の元が聞こえない。
 例えばよ、「えこせなか」・・「えこせなく・・」もっと衝撃的な言葉になる可能性。
 わからんままでもいいよ、掘り出せ。そのままで。
 あ、「eco」か!それなら意味も現代の人に伝わってるわ。作品が非常に若くて。 

 密壱さんの作品、全部非常に面白いと断言できる!


・ん!玉●●●?!ランナー? <パチンコ殺人事件>  (来空)

 成功か不成功かわからない。
 パチンコ店の殺人事件あっただろう?あの人たちポエムを知らない。
 ドンドコドンドコ出すことによって生活してる。
 男もそうなのよ。玉が。たまらんなーーー
 玉がランナーになって次々次々出てくる。
 パチンコの玉だって馬鹿には出来ないよ、っていう思いを込めて。
 

・無限(むげむ) 果て 精虫(むし) 無ではむけむ <回文> (来空)

 精虫は男半分になってきてる。哲学が間違ってる証明みたいなもんだろう。
 ほんとは無限に果ててはいけないもんで。
 一言で言えば成功してない句。


・いかついモー一回 <回文> (来空)

・♂(やり)もって♀(ポポ)でつまりや  <回文> (来空)

・老い。逢う。青い愛。 <あ行> (うるか)

 漢字を入れると散文的になる。
 こういう風に揃ってくると気持ちがわかる部分ある。


・相生(あいお)い、相老い、えいえいおう <あ行> (うるか)

 「相生」漢字の方は消してってもいいよ。あってもいいけど。
 えいえいおうと来ることで読む人の気分が盛り上がっくる。荒馬のように荒らされてる。
 説明的だけれど、年寄りに労わりを、という人生観が出てる。


・「ああ、吾(あ)」「うう、吾」言い合い、飢え。 <あ行> (うるか)

 精神の様を語っているところが現代的。
 ちょっと驚きに欠けるけれど。


・そう もしかして先祖のあなた?  (桂久爾)

 「そう、穴だ もしかして先祖」の方が面白い。

 「先祖の穴からあなた」by波丸鴨


・誕生(たま)おびただしい血管を断ち  (桂久爾)

 「血管」は散文化。
 「断ち」もだけど、「た」を使ってるから効いてくる。
 「おびただしい」には帯びた、帯も出て来る。
 「たまたっておびただしい」・・「たってたま」・・
 正があって逆もある。いい句になる可能性はある。


・うたはるか まなびやわかれつなぐみち  (桂久爾)

 「まなび」「わかれ」常識がある。「つなぐ」いらない。
 「みち」はポエムだけど。しくじりだな、この句は。


・瀧寵旅穆山(たきむぐめたびをみたろひ) <父命日に> (桂久爾)

 “こういうかたちで私は生きる”伝わってくる。

・よねんねんね草 <祖父命日に> (ぽくりょい)

 「咲くねんね草」にすれば回文にできるね。
 素直で正直な句。


・つぶしおっとをしぶつ <回文> (ぽくりょい)

 このままで面白い。お前の回文も深くなった。ここまできたらすごいわ。
 夫が私物だったり私の仏だったり。“私の仏である”。殴る「ぶつ」も含んで。
 ここまできたら夫婦愛も成立してるわなあ。
 夫を殺しちゃったら仏だよ。人間を越えた愛を感じる。
 お母ちゃんもオレをこうしたんじゃないかと。
 ぶし→ぶつ、「ぶ」の変わり方も非常に面白い。「っと」で詰まるのもいいなあ。
 声調化と共に意味がダブってることの重み、短詩としてイミで繋ぐ部分とひらめきの面白さ。
 拝ませて!いい句だよ?


・ゾーリ ソーリ リソー リゾ <回文> (波丸鴨)

 「総理の理想は理屈。」by作者

 「ゾーリソーリ」ってきただけでも面白いわなあ。
 漢字にするかカタカナにするかの問題も絡んで来て 面白い句になるなー。
 「草履総理」だけでも面白い!


・貌狩千転蛙  (波丸鴨)

 元:せんてん顔狩ガエル

 漢字だけを並べると驚きになる。
 面白いな?腹かかえて笑っちゃう。


・定まらぬ宵の毒素に狂喜する  (浩)

 言いたいことはすごくよくわかる。
 でも僕が詩を書くのは言葉の毒素に狂喜したい、定まっていないものに触れたいから。
 この詩自体は全然狂喜してない。


・初夏の喪服は生き難しを生きる志  (浩)

 上のとこれの二句は談林。これをどう韻文に変化させるか。自分自身を韻文化。

・いえいとするるすといえい <回文> (浩)

 これは韻文になってる。「いえい」は家であってイエイである。留守と言え。
 「る」が重なってくるところが非常に面白い。
 始めと終わりを示すものが回文。


・あんびしゃす その名号にハタと迷って  (浩)

 「その名号」この説明はいるんかな?
 「あんびしゃす」ってのが面白いねえ。
 「ハタとあんびしゃに迷って」なんて。旗が迷ってるとかね。

スポンサーサイト

PageTop

2009.6

●今後の「リトルポエム」ご案内

【7月】 7月11日(土)14:00-17:00
場所:NPO法人カッセKOGANEI(小金井市民起業サポートセンター)シャトー小金井1階
小金井市本町6?5?3 tel&fax:042-381-1139
http://kacce-koganei.cocolog-nifty.com/

【8月】 8月8日(土)14:00-17:00
場所:小金井市公民館本館 生活室(公民館本館3階の階段を上がって左にあります。)
http://www.city.koganei.lg.jp/map/kominkan.html

講師:来空
受講料:会場費実費(300円)

ご参加お待ちしています!

お申し込みはこちらから!↓
http://koganei-cs.cocolog-nifty.com/blog/cat35509359/index.html

当日飛び入り参加も大歓迎。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月13日

●6月の作品 来空評

・ホトケ 剥(む)く芽を寵  (来空)

・ホトケ 赤ん坊を寵  (来空)

 孫、寵(めぐむ)誕生 六月十日

・どんなたまして かのたまに会おか  (うるか)

 詩的に繋がった作品だが、もっと驚きたい。
 飛躍して非常にきれいな句。いいところをさしてる。
 答えを出さなくてもいい。
 「会おか」で落ち着いてしまったが、「どんなたましてかのたまよ」はどうか。


・「たま」おったま下駄はいて巡礼 (うるか)

 「おったま下駄」はわかりやすい、散文的な面白さ。
 「おったまげた!どんなたまして!」

 来空からうるかさんへの メッセージ
 「ともに うまく、おもしろく、まとまった句なり。
 散文と韻文とのちがいをコナしたところに、現代が生きている也。
 さらに驚きを、個性的にどうするかに、詩の未来があるだろう。」


・たまわったアヒル 夜毎ツル  (桂久爾)

 たまわった・・・賜った、玉割った。
 ツル・・・鶴、吊る。
 夜は「夜ごと」にすると具体化する。
 こわい作品になりそうだが、足りない。
 作者の持ってる世界がどう出るか。


・イマシテ ヒトトビデ シマイ <回文> (波丸鴨)
   
・ナミゴト ヒトゴト ヒトゴミナ <回文> (波丸鴨)

 「ヒトゴト」・・・一言、人事。
 「ヒトゴミナ」が上句をひっくり返す。
 4,4,4ときたリズムをこわす。回文ではなくなるけれど「ヒトゴミダ(=ゴミだ)」と言いたい。

 ファッション、服に自分の文字模様を入れ込んで喜んでいる世相、
 似たようなことが詩にも言える。
 詩(韻文)の中に散文を埋め込み自分を主張する。


・いーねが乞うか浮(ふ)小金居 <回文> (波丸鴨)

 いろんな意味を込めている。後でどう働かすか?
 言葉が躍ってる、“「いーね」が乞う”が孕む面白さ。
 「いーねが乞うかう糞尿(こがねい)」でも。

 僕は、落ち着いてしまって、やはり俳句的伝統が堅固に入ってしまっている。
 ホトケ剥く・・・は僕の絶叫だが、作品としては落ち着いてしまっている。
 新しい世界が出てないじゃないか、と言われてもしょうがない。


・すったまだー 蛸子ずたった  (波丸鴨)

 (作者、タコに骨ができて、明るい出来事を予言する気持ち)

 すったま。素っ霊。
 若者が叫ぶ言葉。人間がズタズタにされたような、いい句だ。
 ここで言葉が躍ったんだね。傑作!!!
 赤塚ギャグの世界とつながる。劇的。

PageTop

「言霊の調べ vol.2」ご案内

琴古流尺八奏者の城戸菖童(きどしょうどう)さんとコラボライブ、第2弾が決定致しました!
入場無料ですので是非お越しください。

kotodama-vol2-3.jpg

「言霊の調べ」
日時:2009年7月20日(月・祝)
   午後7時?9時
   入場無料
会場:COFFEE GARDEN FRONTIER(ふろんてぃあ)
住所 小金井市 本町 1-9-8 1階
TEL 042-384-9659
JR武蔵小金井駅南口より徒歩1分(南一番街内 )
http://koganei.shop-info.com/units/36237/koganei_18/

PageTop

言霊の調べ vol.1 report

DSCF8072.jpg

尺八・城戸菖童(きどしょうどう)
短詩・來空(らいくう)

2009.5.20(水) 於・喫茶フロンティア

○城戸菖童…琴古流尺八竹童社本曲研究会幹事
東町在住

「今夜、吹奏いたします”転菅垣(うたたすがき)”や”虚空鈴慕(こくうれいぼ)”は、虚無僧尺八の入門編である琴古流尺八本曲36曲の中にある曲です。
聴いていただく方々には曲の意味がよく分からないと思います。吹奏者の方も何なのかよく分かっていません。
吹奏者自身が灌木の茂る深い林の中に迷い込んで帰り道が分からなくなってしまうような感じです。
來空さんの短詩の吟詠の声を道しるべに、今日は勇気を持って林の中に分け入ってみようと思います。」

○來 空…詩人・河東碧梧桐研究家
前原町在住

「“ことばにある魂が人間を助ける”と、大昔に人麻呂は言っています。言霊とは、人間を突き動かす生命の声・響に関わるものです。
調べとは、自然に発する音響、人間の声でもあり自然の声でもありましょう。
そして今、私たちはこの時代に生きて、地球の悲鳴にも耳を傾け、言霊の力を再び感じて、よりよく生きたいものです。」

1.たまかぎるの章
http://www.youtube.com/watch?v=K_reoXCZQsc(動画)

・誕生(たまきはる)われを盗んでほほえんで
・ほや?できたてのぼーや「ほやほや」
・あ、あらふ赤ちゃんふるまさめ
・た、たまきはるややこてろやぎ
・そら、めくるめるわらべづかみに
・おくたまおつるたまのふなおさ
・おきておくたまこひおつあかね
・みなかみかひはたまいれいさご
・たらちねたまだすきまそかがみ
・船ごとふな霊ふねのふをふふふ

2.むすめむすこの章
http://www.youtube.com/watch?v=GsRLwfwvd9c(動画)

・眠る眠り眠るごろんと真っ赤な眠り
・飯粒ふみつけておどろく暑い夜の父
・子の歯生え揃い稲田かるがる行く荷車
・ほたほた赤ん坊機嫌雪よふれふれ
・振り子おもいのでおもい赤ん坊
・てわたすややこちのおとを
・ひだかひらくひあらたなるかな
・おそらくは一千万光年の青空ひづるよ
・木のはなさくやひだかひづる空
・わらべ転びはるかを老いぬ
・ちがさくやたいこすなつまおら
・むすめむすことゆれてねむるな
・まむさくむげんついたちのはな
・やわらかなちんぽこおのこの道草よ
・おうなむいておきなよ
・うめうめ一りんの先祖血と参ろう

3.いきとしいきての章(動物篇)

・鳴きながら飛びながらあっちこっち見ている鳥
・テント虫が虹を登ってる
・なわのれんぶらりんとんぼみたいにへーい
・ころんと豚人間の崖をころげ出る
・川底の田螺よろよろ動く極楽ありそうにない
・せせらぎせせらぐ小さい蛇と僕いのちある限り
・鵯(ひよ)の頭脳に流れている一本の川
・やさしやないか鶏の瞼で駱駝立つ
・おてんと沈む力はらからなきよる牛
・青蛙ペコペコ アルミでアルマイト
・おやをしゅめいる越中雀隠し
・とてつない河馬の日没頻繁な哨兵
・鳥に鳥つく鳥とぶ形なければ
・空ねこぴいまんたまぬきまねき
・どかんと浮かぶ魚で手も足も出ん
・イルカもしかしていないナイルをでるでしょう
・しっくだてふ肉体は葉(よう)なるなあ
・鯨と出会う街 波 へへへ んんん
・峠は馬をたぐりなランプのきれめ
・馬が牛がえるぱその雨蛙かよ
・馬でかπがまくれる
・中(まる)橋宙やコブラを踊り

4.いきとしいきての章(生活篇)

・大根すぽすぽぬける何故こんなに青い空なのか
・ぐーんぐーん空が凧をひっぱる僕もひっぱる
・まるくてどんぐりは一つ一つくるしみをもっている
・みやげの羽二重餅を下げ雨の日汽車に乗る
・あったかいのは弁当一つだ
・ポンポン戦死するように爆ぜまくるぎんなん
・僕が生まれた家が戦いのなかに熟れる
・家の中の階段暗くしてみんなで眠る
・縄を垂らしにんげんに回復する垂直
・めさるるおすとうやとんねる
・あねもねぶっそうげに翔つはいもうと
・せむまい せむ へあー せんねんぷれい
・あ、たまに手あげるおかしな川
・あおによきおうめひとつをぬれてせむ
・ましろなあうらじょうもんふぶき
・ひふひしとひとえはらわたうるめ
・われさきにあめふってほくそえんでるぞーん
・凪せんや一夜さ獏をあおふぶき
・ふりむきまんでぇ のだいこあそび
・「あ」と「め」がせっくすして「あめ」になったの
・ぬばたまあおによしわだつみをしてる
・青すっぽんみるくあんたのマンスリー
・かんじょうせんをさかなでてなみはたつかな
・つんつむつむつむおとこはつ音をらぶこーる
・ぴこぴこ主のあたまホールインワン
・キン玉クリ玉足り熊タンキ

5.みちてほろびあおぐの章
http://www.youtube.com/watch?v=NQbP-PUnBh4(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=WQtNasL0c3I(動画)

・ハンマー振る裸を汗が進むのだ
・イモノエの砂まみれの裸が出てくる月だ
・次々鮮らしい音をくわえる打鋲音
・眠れない耳を一つにして置く
・雨を集めると群衆のはためく音だ
・呼ぶ声にふりむけばじっと炎天がある
・一人が咳き込みスパナを落とす空高く鉄骨を組む
・バケツ一杯の銃殺死体なら運ぶ
・見えない走者手足するどい走者消す
・ずぶぬれの旅から全身で出てくる
・旗ノ中ノ旗 旗の中ニナクテハタメク
・巻き忘れた時計と被爆するがよい
・流木の一本突立つ それまでもそれからもない
・ゆるい靴はいて僕戦争(いくさ)いやだよ
・マルゴトナガレル家の向きが変ッタ
・ぽかっと毀れない個室ビル毀される
・ののしってののくにののをしるの
・春夏秋冬ええ按配や不老長寿でないよって
・癌かてよろし死んだら年とらへんよって
・音 花とくる ひらいて来る
・よたるまでゼニためて墓に入ってどないする
・売って壊してこわして売って人殺しの上行く正義
・みんな死ぬ地球の大笑いかな
・ぷっつんしはるほんまコワイ人形や
・あおむけるおとこにむいておく
・こだまあらすかとゆれとおしてよ
・あびあびて水あふるあびこよ
・ひをふくやまふたばいただき
・よしてよちょうちん魚(てれ)かく谺(かめん)
・たかがせんねんせっぷんをさんよねん
・ぜにかねがはかりにかかるあかんぼじゃ
・ふんぎれや せんねんポポをぷれいまん
・しゃもじるや あんじょうにむすこむきや
・ぶぶか山お出しよ うちうちぬいて
・ぱんちるどれめやふれまんどまみれ
・はなまんだみるめかぐはなとよもする
・よろこぶ 遠足が来た 死が来た

(短詩はすべて来空作)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。