前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2009.2

●今後の「リトルポエム」ご案内

日時:【3月】 3月14日(土)14:00-17:00
場所:小金井市公民館本館 生活室(公民館本館3階の階段を上がって左にあります。)
※いつもと違うので注意
http://www.koganei-cs.org/map.html#map1
尺八奏者城戸菖童さんを迎え、尺八と短詩のコラボを試みます!

    【4月】 4月11日(土)14:00-17:00
場所:小金井市前原暫定集会施設 C会議室
http://www.koganei-cs.org/map.html#map1

    【5月】 5月9日(土)14:00-17:00
場所:小金井市民会館「萌え木ホール」B会議室 (小金井市商工会館3階)
http://www.koganei-s.or.jp/modules/gmap/
http://www.koganei-s.or.jp/modules/kaikan1/content/index.php?id=1

※4月以降は、基本的には第2土曜日の14:00-17:00で行いたいと思います。

講師:来空
受講料:会場費実費(300円)

ご参加お待ちしています!

お申し込みはこちらから!↓
(「リトルポエム」のところまでスクロールしてください。)
http://www.koganei-cs.org/culture.html
当日飛び入り参加も大歓迎。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月11日
「世界遺産としてのことば」

碧梧桐作品より。
・ハンモックから抱きあげて私でなければならない気がして
・この子私を好く丸はだかのむつきが落ちた(大正7年)
・雨あがりの麦ふく風の空馬車に乗る(大正12年)

この日は、来空が最後の評論として書いている文章を朗読しました。
「短詩も時代と共に変わるもの。国境いらない」というメッセージ。

「言葉が科学されてきてる。
外国語を学んでもいいが、日本語を研究するだけで充分。
外国語は訳すことで整理がつくこと。逆に韻文は「感じ方」。
韻文にはポエムがある。心臓音、リズム、
表現としてこもるもの・・・韻文にしかない。」


●2月の作品 来空評

○題:チョコレート


・ちょこれいとうな天 白虎  (桂久爾)

 「白虎」がはっきりしすぎてカオスの部分が出ない。
 「ビャッコ」カタカナにしたら面白い。
 ビャッコビャッコちょこれいとう、ビャッコ天・・・・・・


・チョコレートたまる温泉 氷柱  (桂久爾)

 「たまる」がちょっと平凡。だまる、まる湯、とか

・チョコ 血になる くちどけ  (卜旅伊)

 かわいいね?!
 そういうものが溶けて行く。
 現代がある。現代の落書きがある。
 若い人の感情的な部分出てる。


・チョコガシ カシマシ  (波丸鴨)

 批判的な視野からの叫び、葛藤がある。
 カジマシ。火事にしちゃえーと、はるかにひっくり返る。面白いね?。
 コガシ カジにも読めるし、やっぱおもろいわ。


・ちょこ霊とれ こちょこちょ  (来空)

・ちえこちょことけさる  (狸人)

 面白いね。悪い句じゃない。

・ミナガ シキタリ チョコレートデモ  (密壱)

 「ミンナ。シキタリ」でもいい。
 そんなチョコレートデモ俺も参加するぞ!
 批判になってる、そうなったら嫌、という。
 甘ったらしい、外国文化、という反抗的な部分。


・千代子列島ダイナモ驀進  (みみ)

 面白い。
 千代子驀進ダイナモ列島
 どう並び替えてもいい。
 漢字がちょっと平凡というか意味を伝えすぎるが。



○題:ひな 

・うそ ひなびたい ないぞう <回文>  (卜旅伊)

 雛をお腹に飼ってるイメージもあったりして。

・ひなびた ひとひら しわのひら  (密壱)

 しわのひら、なんていいね。
 手のひらもありゃしわのひらもあるよなぁ。


・なないろ雛 泣き上手 声なし  (波丸鴨)

 「泣いて 声なし」でも。

・ゆうべのコウベ 日向(ヒナ)にタレ  (波丸鴨)

 「の」を入れると日常が出てくる。
 声調によって判断だけど、なくてもわかる。
 「日向たれ」にしちゃっても面白い。


・コクリコひなげしゲシュタポ道  (みみ)

 これも面白い。「どーーー」と読んじゃって、面白い。
 もっといい言葉ないかな?


・ひな。なんてんなんてななかまどな  (桂久爾)

 カオス含まれてる。「ひななんて」で切ったりも。
 「な」が効いてる、やりすぎみたいなとこあるけど。
 音で感じる、自由にその中で読んでく。
 こういう句を見ると、芭蕉が5・7・5を作ったの、わかる。


・ひひなゆき ひとひらきゆ  (桂久爾)

 素直な、まとまった一つの形。
 情念がスッと現れる。


・ひひなひなぎくももいろつばめ  (桂久爾)

 良いものを持ってることは間違いない。

・パットなびく雛トッパ <回文> (来空)

・退くひなどと なびくの <回文> (来空)

・ちだるまくそかわりびな  (狸人)

 「ちだるま」力がある。衝動がある。こわいくらい感じる。
 人に言えないことをバーンと出してる。
 くそかわり、なんて!



○題:なし

・イイエ。ノン。ボンノーベビィ <回文>  (卜旅伊)

・かなのふやかし 藪の中  (卜旅伊)

 ※最初、「かなのふやかしか藪の中<回文>」
 →「か」がいらないけどないと回文にならないか。
 ない方がはるかに面白いけど。



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。