前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「閃光」展に参加します

10699335_911095762238778_1896194309_n.jpg

「おめでとうライチャン」の旗が立ったケーキを食す來空☆
(コーヒーは子ども用のイスの上)


このたび、カートゥーンマガジン「EYEMASK」と
サブカルポップマガジン「まぐま」という
二つの雑誌の企画展に参加させて頂くことになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年9月27日(土)~9月30日(火)
12:00-19:00(最終日17:00まで)
27日の16:30~オープニングパーティー☆

参加者:來空/國分絮虹/Hizuru/泉ゆきを/更紗/根橋洋一

ギャラリー・オノマトペ(阿佐ヶ谷)
〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北4丁目21-16 トラストハイム1F
電話:03-6315-8667
オノマトペHP

o0800116213069198008.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

27日のパーティには來空も参加致します。
お気軽にお越しください♪

スポンサーサイト

PageTop

野谷真治さん放哉大賞受賞!

_m_sohten.png

来空の仲間で、蒼天社主宰、来空文庫も発行してくれている
野谷真治さんが、小豆島尾崎放哉記念館が後援の「放哉賞」で、
第14回放哉大賞を受賞しました!
詳細はこちら↓
http://www2.netwave.or.jp/~hosai/hosaisyo/hosaisyo14th.html

来空とは30年以上前の、野谷さんが高校生の頃からの仲間で、
昨年のポ・ポエム展も企画してくださいました。

野谷さんおめでとうございます!
そしてこれからもよろしくお願いいたします

蒼天社HP
http://www002.upp.so-net.ne.jp/sohtensya/

PageTop

碧梧桐全集@ジュンク堂

ジュンク堂池袋店の3Fに、河東碧梧桐全集コーナーを設けていただいています!
行ってみたら、すごく人通りの多い通路でした。
単価が高いので個人ではなかなか買えないとは思いますがね。。
(大量生産でないため印刷代が高いのです・・・!)

1105 015

1105 016

1105 017

いつまでかわかりませんが、お近くの方は是非♪

PageTop

第38回小金井なかよし市民まつりに参加します

2009nakayosi.jpg

第38回 小金井なかよし市民まつり

★朗読
10月2日(土) 11:45-12:05
「詩の吟詠&尺八」
*自由詩の朗読と尺八のコラボレーション

場所:第一小学校 体育館
行き方:武蔵小金井駅南口CoCoバス中町循環、
バス停「市立図書館前」下車徒歩1分
本町1-1-6

★書道
10月22日(金) 13:00-17:00
10月23日(土) 10:00-17:00
場所:前原集会施設
前原町3-33-27(市役所本庁舎南)
*「短詩人連盟」名義で展示されます。

tizu.jpg

PageTop

“合唱するポエムと尺八”

是非ご参加ください♪

フロンティア チャリティー文芸講座2010
“合唱するポエムと尺八”來空と菖童

?種田山頭火とともに  6月22日(火)午後7:00-8:30
?尾崎放哉とともに    7月20日(火)午後7:00-8:30    
?河東碧梧桐とともに  8月24日(火)午後7:00-8:30


会場 コーヒーガーデンフロンティア
   JR中央線武蔵小金井駅南口徒歩2分 ?042?384?9659
   http://koganei.shop-info.com/units/36237/koganei_18/              

 3回シリーズで、自由律俳句と呼ばれたものの中から、三人の作家を取り上げ、日本の詩の背景と、今日的意味を考えてみたいと思います。
 日本の音楽は自然の音から始まり、自然の呼吸と共に育まれてきました。
日本のポエムも、自然から与えられた心臓音・脈拍音を基底のリズムとして、それぞれ(人々)が、時代の環境と葛藤しつつ育んだものでしょう。
 尺八の音を聴きながら、詩人のことばに耳を傾け、背景にある自然の力いわば日本力なるものを感じてみませんか。それはまたたくさんの存在の命の輝きを感じることではないでしょうか。

各回の構成は、以下を予定。

一部  講演(來空) 
 ・芭蕉、子規から碧梧桐へ、短詩形文学の流れを概観し、口語俳句・自由律・短律の意味を
  解説。
・ 山頭火、放哉の作品を例として、その時代と考え方に触れる。併せて作品解説。
 ・碧梧桐の作品は、定型、新傾向、自由律、ルビ俳句等、目を見張る展開と変化を示しており一口に
  説明できるほど単純ではありません。今回は所謂自由律時代に焦点をあてておきます。
二部  虚無僧尺八の話と演奏(城戸菖童)
 ・松尾芭蕉と黒澤琴古、その思想と尺八とのかかわりについて解説します。
三部  それぞれの作家の作品朗読と尺八との合唱的演奏 

会費 1回1,000円(3回一括 2,500円)収益は「キンヒバリの里」トラスト運動に寄付致します。
お申し込みは 〒184-0011 東京都小金井市東町1-12-14
       電話・FAX 042-385-6907 城戸菖童まで
       メールの場合は 國分まで kokubun@sevenseas-net.co.jp

参考
山頭火 
  ・ひとりたがやせばうたふなり
  ・わが手わが足われにあたたかく寝る
放哉
  ・氷店がひょいとできて白波
  ・咳をしても一人
碧梧桐
  ・牡蠣飯冷えたりいつもの細君
  ・子規庵のユスラの実お前達も貰って来た

主催 「はけの自然を大切にする会」/後援 小金井市教育委員会/協力 コーヒーガーデンフロンティア


raiku.jpg shodo.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。