前頭芋

詩人・来空(らいくう)による、リトル・ポエムの世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

写真の紹介

DSCN1554.jpg

裸足で歩いています。

DSC_0032.jpg

電車にて。

DSC_0030.jpg

DSC_0027.jpg

DSC_0028.jpg

来空が事務所に使用していたアパートが取り壊しのため、引っ越しました。記念に。

DSCN1482.jpg

長い付き合いの、劇団娯楽天国 座長さんと。

DSCN1495.jpg

今後ともよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト

PageTop

時代がポエムをつくり出すのだ 

579836_468540129827679_1898889116_n.jpg

 最近、ポエムについてもっと具体的に書こうと思うようになった。

 本当は、あたりまえのことは説明しないでいい、具体的に書かないでいい常識、回文も、日本では歴史的な知恵だから、その事実を説明しないで済むと考えていたが、「遊びにすぎる」との批判が一般的な常識であったとは。

 私が回文を面白いと思ったのは、幼少時、清川江(北朝鮮)に流れ込む小川に入った時、アシウラにもぐりこんで来たフナを摑まえて、はじめて見たフナが対称的(シンメトリー)な形をしていることに驚いたことにはじまっている。

 生きる動物の肢体がバランスよく左右を保っているのはフナだけじゃない。自然に生きる姿勢は、自然に左右を定めているようだった。

 集まってくる子供達を呼ぶのに、右から呼んでも左から呼んでも差支えなかった。その場その場で、どこに遊びに行くか、何をして遊ぶかで決まったのだから、だいたいポエムの語順がはじめから決まるというオキテがあるわけじゃない。

 ポエムの場合も、コトバがはじめから決まっているわけはない。目的さだまって、順序も定まって行くようなものだ。

 私のポエム、回文も、ポエムの必然にかかわった時、自然に書きはじめたもので、現代は、もう定型とかポエムにもかかわりたくないところで書いているが、そこで今日書いた回文を示しておこう。


・イセコンデスズテンコセイ


「イセコンデ」は伊勢参り、民族的な日本人の信仰が混み合っているサマ。「スズ」も「鈴」で「鈴生り」でもイイ。「テン」は「天」で、空のイメージもあった。あるいは「点呼」ととらえるのも自由。そしてそれは「コセイ」=個性と、とらえることも自由で、「テンコ」しろと言う応答関係も含んでいるのだ。

 つまり、ポエムは、読む自由があって、そこでどう捉えても、自由でいいので、はじめから散文の意味で捉えようとし、あるいは情緒とか抒情で読もうとする方もいるが、その奇妙さや、キテレツさえも含めていいものとしているのだ。

 それは一つの定まり方を決め、それ以外の発想を読めないとする、定型的な順応もそういう具合に定まっている、証。


イセコンデスズテンコセイ

  5    2  2   3

      ←4 →

         ← 5 →



 リズムで読めば、声調が五、七と、音調に強くかかわる事実を認めねばならないだろう。
別の一首、


・ミヲウシナイナシウオミ


 この首は私の場合、全部ひらがなで書いた方が、回文句調を強くするもののようだが、


・みをうしないなしうおみ
・肉体(み)を失いなし魚(うお)肉体(み)



 大正五年ヘキゴドーは、自由律のはじめに、二音綴のポエム、


・萩咲く原水踏むまで行く(ヘキゴドー)


 があったと、ここに記録しておこう。等時拍音形式、シンゾーの脈搏音ではじまったもの。


みを/うし/ない/なし/うおみ


で読んでおきたいのだ。

 また、ここで今一つ、その後出来た私のポエムを書き加えておきたい。


・おがめショー勉強ブッダ


 むろんポエムは、口頭語でよんでもいいのだ。


・おがめしょーべんきょうぶっだ
・拝め小便今日仏陀



 「おがめ小便」で切れて「今日」と読んでもいいのであって、その時「ぶっだ」は「仏陀」、それは「死んじゃった」という意味をもっても、一向に差支えないのだ。

 今日、大衆が求める喜劇的テレビは、超滑稽ショーなどいくらでもあるが、ポエムも「拝めショー」を作っていいのだ。勉強を強調するなら、「べんきょう」が「ぶっだ」となることも、一つの表現だ。

 ここで、回文の意義を書こうとしたわけではない。またリズムが心臓音に基づくことを強調したいわけじゃない。私がポエムを書きはじめたのは、日本のタンカ、ハンカ、センリュウなどというものにかかわることではなく、時代がポエムをつくるという、具体的な歓狂を体験したいからなのだ。

 ポエムが時代を迎えているのじゃない。時代がポエムを作り出している、と考えるべきだろう。
 私が少年の頃読んだ、昭和十一年のヘキゴドーのポエム、


・鵜の音(ね)雛(もろ)とも巣立つがもろ音(ね) (ヘキゴドー)


 このポエムを読んだ時から、宇宙(う)の音(ね)もろともに、地球上に鳴く鵜の雛ともに育つ音も、聞いたのが、私の初的感覚だったのだから。


来空(平成24,5,10)

550438_468540239827668_1777172256_n.jpg

PageTop

photo by 密壱

密壱さんの素敵写真をご紹介します!

249713_215642405124171_100000352390704_734933_4016086_n.jpg

picnic2.jpg

253777_215642231790855_100000352390704_734928_7524164_n.jpg

250931_215643961790682_100000352390704_734968_685555_n.jpg

252633_215642685124143_100000352390704_734939_6153938_n.jpg

254310_215643015124110_100000352390704_734947_5176218_n.jpg

255751_215643058457439_100000352390704_734948_440848_n.jpg

↑これは来空の事務所にあった林檎らしい(笑)

PageTop

来空の朗読映像



※画像をダブルクリックするとyou tubeのページにとびます。


・川は川の匂い ぐんぐんもぐって行く

・ごつんごつんくるんくるん 向き変え家が流れている

・空が凧をひっぱる 僕もひっぱる

・曲がってしまったと胡瓜クン言っている

・僕が生まれた家が戦いの中に熟れる

・テント虫が虹をのぼってる

・川底の田螺よろよろ動く 極楽ありそうにない

・大根すぽすぽ抜ける 何故こんなに青い空なのか

(作/来空)


「詩のボクシング 東京大会」来空1組目。1ラウンド敗退。異端児でした・・・!
以下、当日の詩(途中でゴング鳴る)。


・ほーほーとおまんこしまる

・おくたまおつるたまのふなおさ

・あおむけるおとこにむいておく

・たかがせんねんせっぷんをさんよねん

・たまにてふれでわがさしぐきに

・おきておくたまこひおつあかね

・みなかみ甲斐はたまいれいさご

・われさきにあめふってほくそえんでるぞーん

・よしてよ提灯魚(てれ)かく谺(かめん)

・ぷっつんしはるほんまコワイ人形や

・ぱんちるどれめやふれまんとまみれ

・ふりむきMANでえのだいこあそび

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。